最新記事

娯楽産業

「ディズニーランドそばに独身寮」オリエンタルランドの狙いは?

2017年12月27日(水)12時00分
島 大輔(東洋経済記者)※東洋経済オンラインより転載

ディズニーシーのシンボル「プロメテウス火山」を望む立地に建設されている独身寮(編集部撮影)

JR舞浜駅から徒歩15分、オリエンタルランド(OLC)本社から同10分ほどの場所に建築中の8階建ての集合住宅。総戸数249のこの物件は、OLCが2018年2月末の完成に向け建設中の社員向け独身寮だ。その狙いは「約10カ所に点在している社員寮を集約するほか、正社員の増加に対応するため」(同社広報)。

前2016年度には、テーマパークで働くキャスト(アルバイト)の管理などを担当する契約社員821人を正社員化。OLC単体の正社員数は2016年3月末の2230人から、2017年3月末には3146人に急増している。

独身寮が必要な本当のワケ

背景にあるのが、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーともに目白押しの開発計画と、全国的な人手不足だ。

来2018年度に開園35周年を迎える東京ディズニーリゾートでは、東京オリンピックが開催される2020年に向け、総投資額800億円超と、2001年のディズニーシー開業以来の大規模投資プロジェクトを進めている。

2019年度にはディズニーシーに大型アトラクション「ソアリン(仮)」がオープン。2020年春にはディズニーランドに『美女と野獣』エリアの開業が予定されている。キャストの管理を担う人材の正社員化は、こうした新施設のオープンをにらんだものでもある。

さらに、会社側は正式発表をしていないものの、2020年以降には平面駐車場を一部立体化し、ディズニーリゾートの敷地拡張と『アナと雪の女王』関連新施設の建設など、さらなる大規模開発が検討されている。

toyokeizai171227-2.png

「急募」の求人チラシ

一方、足元で喫緊の課題となっているのが全国的な人手不足の影響によるキャストの採用難だ。

2017年の11月以降、キャストの採用を担う東京ディズニーリゾート キャスティングセンターが近隣の住宅地などに求人チラシを投函。物販施設の19時以降のクローズシフトを募る「急募」という表現からは、クリスマスシーズンや年末年始の繁忙期に向けた採用への切迫感も感じられる。

toyokeizai171227-3.png

ディズニーリゾートで働くキャストは平均1.5万人以上。OLC側も「計画どおりの採用数は確保できているが、特に飲食や物販関連のキャストは採用に力を入れないと集めにくくなっている」と明かす。

同社の次の一手として大型開発計画ばかりが話題になるが、実質的な手元資金(ネットキャッシュ)は約2180億円(2017年9月末)と、財務的な懸念は少ない。むしろ新施設を支える社員・キャストの数と質をいかに確保するかが、今後のカギを握っている。

オリエンタルランドの会社概要は「四季報オンライン」で

※当記事は「東洋経済オンライン」からの転載記事です。
toyokeizai_logo200.jpg

ニュース速報

ビジネス

前場の日経平均は大幅反落、下げ幅一時300円超 米

ワールド

教師の武装化、学校での大量殺人防止につながる=トラ

ビジネス

焦点:中銀のデジタル通貨発行、強力な金融政策効果=

ワールド

減税が投資増と生産性向上につながることを期待=米ミ

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通貨詐欺

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    裁量労働制のどこがウソなのか?

  • 4

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 5

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 6

    春節の中国 ハンドバッグとX線検査機の中へ入る女…

  • 7

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 8

    「ビットコイン、通貨として失敗に終わった」=英国…

  • 9

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 10

    韓国の一般市民はどう思ってる? 平昌五輪「南北和…

  • 1

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 2

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習制度の闇

  • 3

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 4

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 5

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 8

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 9

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 10

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 5

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 6

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 7

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 8

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 9

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 10

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月