最新記事

フェイスブック

グーグルへの刺客、グラフサーチの実力

フェイスブックが満を持して発表したSNS検索機能はどこまで斬新?

2013年2月6日(水)14時51分
マシュー・ザイトリン(ビジネス担当)

新兵器 「ほかのどの企業にも見られない試みだ」と胸を張るザッカーバーグ Robert Galbraith-Reuters

 きっとフェイスブックフォンに違いない......えっ、グラフサーチって何?

 フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグが先週、カリフォルニア州メンローパークの本社に記者を集めて発表したのが「グラフサーチ」。フェイスブック上にユーザーが投稿した情報を検索する機能だ。ザッカーバーグによれば、友達が好きなテレビ番組、映画、アプリを探せるということらしい。

 グラフサーチはグーグル検索のコピーまがいの機能ではない。グラフサーチが検索するのは「とてつもなく巨大で、絶えず変化を続ける人と人のつながりだ」と、ザッカーバーグは言う。ある人物が求める情報を探し出すにはグーグルの検索アルゴリズムを使うより、その人物のSNSネットワークを調べるほうがずっといい──これがグラフサーチの核心を成す考え方だ。

 例えばシカゴで一番のメキシカンレストランや、面白い政治小説、マルセイユの安くていいホテルを見つけるにはネットワーク内のおすすめ情報が役に立つということだ。「グラフサーチが提示するのはリンク先じゃない。ずばりその答えだ」と、ザッカーバーグは言う。
 
 検索界の巨人グーグルと、まだよちよち歩きのグラフサーチの根本的な違いは、検索の「手法」ではなく検索の「場所」にある。最近よく使われる「グラフ」という抽象的な言葉の意味は、簡単に言えばSNSにおける人と人のつながりの総和だ。

 フェイスブックで言えば、互いに1兆のつながりを持つ10億人のユーザーが投稿した2400億枚の写真を検索するということになる。「実現までに1年以上かかった。技術的にはとてつもない挑戦だ」と、ザッカーバーグが言うのも無理はない。

 皮肉なことに、会見でザッカーバーグが語ったことはグーグルのラリー・ペイジCEOが目指してきたことに極めて似ている。グーグルはただリンク先を提示するのでなく、自分たちが築き上げた世界の情報を通して答えを示す方法へと、検索機能を作り変えようとしていた。グーグルの世界にユーザーを引き留める必要に迫られた彼らは、自家製SNSまで作り上げた(それがグーグルプラスだ)。

FBに集まる「優良情報」

 フェイスブックには有利な点がある。そこに集まるのは、実在の人々が吟味して投稿した本音の情報ばかり。ユーザーが映画やレストランを選ぶとき、グーグルのアルゴリズムより友人たちの意見を頼りにすることをフェイスブックは期待している。

 グラフサーチを使えば、ユーザーは「ニューヨークに住む友達の友達で独身の女性」や「サンフランシスコで働く友達の友達のエンジニア」を調べることもできる。これなら出会い系SNSのOKキューピッドや人脈づくりSNSのリンクトインにユーザーを取られることもない。「ユーザーはずっと自分のネットワークにいる人たちの好みを検索したかった」と、ザッカーバーグは言う。

 グラフサーチが次の大ヒットになるのか。その答えは、グラフサーチでは検索できないが。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:メダリストも導入、広がる糖尿病用血糖モニ

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 10

    ロシア軍の拠点に、ウクライナ軍FPVドローンが突入..…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中