最新記事

ツイッター

フォロワー3万人買ってみた!

2012年11月16日(金)14時55分
セス・スティーブンソン(フリーランスライター)

 人はなぜフォロワーを買うのか。人気者のイメージをつくりたいから(そして人気はさらなる人気を呼ぶから)、というのが1つの大きな理由だろう。実生活ではポンコツ車に乗っているのに、デートにはコンバーティブルのメルセデスベンツを借りて行くようなものだ。

 ツイッターのフォロワー数が多い人はソーシャルメディアで大きな影響力を持ち、無視してはいけない人物のように見える。

 偽フォロワーが本物のフォロワーを呼び込む効果もある。僕のツイッターも、偽フォロワーを購入してからは本物のフォロワーが急に増えた。たぶん僕の人気が上がっていると思って、ツイッターのほうで「おすすめユーザー」に表示する機会を増やしたのだろう。

 ツイッターの広報に問い合わせてみると、「ちょっと複雑で、としか答えようがありません」と言う。「フォロワー数だけが『おすすめ』の対象になる理由ではありません。1つの要因ではありますが、ほかにもたくさんの要因があります」

 それでも1つの要因ではあるわけだ。そして僕が見る限り、ツイッターはフォロワーの大部分が偽物かどうかを嗅ぎ分けるのはうまくない。ツイートも何もしないアカウントは、単に活動を休止中のユーザーと見なす可能性が高いようだ。

人気者になったという幻想

 個人や企業のソーシャルメディアにおける影響力を分析する会社クラウトでも、フォロワー数が増えると影響力がアップしたと考える。ただし同社の分析では、フォロワー数よりもリプライやリツイートの数をはるかに重視しているという。

 偽フォロワーを買うことには欠点もある。まずそれが発覚したら恥をかく。ステータスピープル・ドットコムというサイトは、ツイッターのフォロワーにどれだけ偽物が交ざっているか調べるアプリを提供している。

 だがこのアプリも完璧ではない。僕が使ってみたところ、僕のフォロワーのうち偽物と判定されたのはたった4%だった。逆に、活動を休止中と判定されたフォロワーは89%いたが、この中には僕のツイートを読むだけで何も反応しない本物の人間も含まれているはずだ。

 とはいえ、フォロワーの水増しが誰かを不快にさせたり、自分の信用を揺るがすのでない限り、こんなことをわざわざ調べる人はいないだろう。フォロワーが多い人は、ツイッター界の人気者だと思われるだけだ。

 自分でも嫌になるのだが、僕自身、自分の名前の横に大きな数字が表示されて他人が感心する姿を想像して、自尊心をくすぐられた。ばかばかしいことなのは分かっている。自力で何万人ものフォロワーを得た同僚たちと違って、僕はそんなプライドと達成感を得るにふさわしいことは何もしていないのだ。

 大量の偽フォロワーは決していなくならない。偽フォロワーを外すには、本物のフォロワーを切らないように2万9000のアカウントを1つ1つチェックしなければいけない。そんなことをやれるわけがない。

 だからゾンビたちは最後の日まで僕を追い掛け続ける。そして自分がズルをしたことを、永久に、静かに、僕に思い起こさせる。そして僕は時々罪悪感にさいなまれる。

 その半面、リンクを張ってもらうよう頼んだり、気の利いたことをつぶやくために頭をひねったり、自分の日常を他人にさらさなくても、ツイッターの世界の人気者になったことで楽しい思いもするだろう。

 効率重視のすご腕ビジネスマンと評判のロムニー(と135万人のフォロワー)なら、僕の仕事ぶりを褒めてくれるのではないだろうか。

(追記 この記事の英語版がネットで公開されてから数時間後に、僕のツイッターのフォロワー数は2万9000から1223に減っていた)

© 2012, Slate

[2012年10月24日号掲載]

ニュース速報

ワールド

米ファイザー、米当局に新型コロナワクチン正式承認を

ビジネス

アマゾン、インドでプライムデー開催見合わせ 深刻な

ワールド

アストラゼネカ、米でコロナワクチンの全面的な承認申

ワールド

ワクチン特許権放棄、EUは効果に懐疑的 具体案議論

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 6

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 7

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 10

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 6

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月