最新記事

テレビ

Huluのサービス大放出は限界

放送から1日待てばほとんどの番組が無料で見放題だった動画配信サービスが、サービス改悪に着手したが

2012年7月11日(水)14時17分
ウィル・オリマス

うまみ減 有料版のHuluプラスが登場した裏には業界のさまざまな思惑が渦巻く Scott Eells-Bloomberg/Getty Images

 映画やテレビ番組が見放題の動画配信サービスHuluは、ユーザーにとってあまりにおいしい(日本では月額980円だが、アメリカでは無料)。最近少しうまみが減ったが、今のところまだまだ十分おいしい。

 ネット局とケーブル局のおびただしい数の番組を、無料で高解像度で、おまけに好きなときに見られるのだ。テレビよりはるかに魅力がある。ただし問題は、これからHuluがどうサービスを改悪するつもりかということだ。

 私はケーブルテレビに加入したことがない。年1000ドルほどの料金がばからしいと思うからだ。しかし仮に加入したとしても、08年にHuluが登場したときに間違いなく解約していただろう。Huluなら放送から1日待ちさえすれば、ケーブル局のほとんどの番組を無料で、どこででも見られる。

 ケーブルテレビには大きな欠点が3つある。面白い番組がなくてだらだらチャンネルを替え続ける、見たい番組が重なって家族げんかが起こる、基本プログラムにばか高い料金を取られる。この3つは、Huluを使えばすべて解決する。
しかし、これでは利用者に甘い汁を吸わせ過ぎだと、どうやらHuluは気付いたらしい。

 これがフェイスブックやYouTubeやアマゾンのような新興企業なら、市場を制するまで最高のサービスを続ければいい。それから上場して、ぼろ儲けの方法を考える。

 だが、Huluは新興企業ではない。NBCとニューズ・コーポレーション(FOXテレビの親会社)、ディズニー(ABCの親会社)、それに非公開投資会社を株主とする既存のメディア企業だ。なのに、新興企業のふりをしてメディアビジネスの古いモデルを守ってきた。

 だから、お楽しみは続かない。良過ぎるサービスを早くやめなくてはならない。そうでないと、親会社にしわ寄せが及ぶ。

 そこでHuluはサービス改悪に着手した。既に10年には、会員制有料サービス「Huluプラス」を導入している。

噂される次のステップ

 もともと「プラス」はHuluにはないサービスだけを提供していた。視聴できる人気番組の過去のシリーズを増やしたり、スマートフォンやブルーレイ、ビデオゲーム機での使い勝手を向上させたりした。

 だが今年になって、HuluプラスはこれまでHuluが無料でやってきたサービスに入り込み始めた。『Glee グリー』などのFOXの番組を翌日見られるのは、月7.99ドルを払うプラス会員だけになり、古いHuluのユーザーは8日後まで待たなくてはならなくなった。

 噂によれば、今後はHuluユーザーから「認証」を求めるネット局が増えるという。例えばABCのドラマ『モダン・ファミリー』を見るには、まずログインして、ケーブルか衛星放送サービスの有料会員であることを証明しなくてはならなくなるという。狙いは、増え続けるケーブル解約者にHuluの親会社の番組を無料では見せないようにすることだ。

 これは実にろくでもないアイデアで、人をばかにしている。今まで『モダン・ファミリー』のようなドラマは、テレビとアンテナがあれば誰でも無料で当日に視聴できたのだから。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:香港へ向かう中国富裕層マネー、制度緩和で

ワールド

焦点:ロシアに今も溢れるナイキやレゴ、背後にグレー

ビジネス

NY外為市場=ドル/円8週間ぶり高値、米PMI受け

ワールド

イスラエル、ガザ全域で攻勢 45人死亡 ラファ攻撃
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 2

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『アコライト』を失速させてしまった「伝説」の呪縛

  • 3

    電気自動車「過剰生産」で対立するG7と中国──その影にジンバブエのリチウム鉱山開発ブーム、現地でいま何が?

  • 4

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…

  • 5

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    なぜ保険料を払っていない「主婦」への年金はなくな…

  • 8

    都知事選、蓮舫候補の「二重国籍」問題の事実関係を…

  • 9

    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由

  • 10

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 4

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中