最新記事

欧州

フランスを弄ぶサルコジ経済学

金融危機直後、世界各国が緊急バラまき政策に走った時には光輝いて見えた高福祉の「サルコノミクス」が、仏経済を窮地に陥れようとしている理由

2010年1月28日(木)14時00分
トレーシー・マクニコル(パリ支局)

 ニコラ・サルコジ仏大統領(54)は、保守派なのに左派の大物を閣内に引き込み、政策も右に振れたり左に振れたりすることで知られる。その政治手腕は、同世代の政治指導者のなかでも群を抜く。だが、経済手腕に関してはそうはいかない。

 世界が金融危機で揺れた昨年の一時期には、その弱点もかすんだ。当時は、世界中の指導者がこぞってバラマキ政策に熱中し、規則を破り、企業救済を乱発し、国家統制主義者に変身した。つまり、フランス的になったのだ。サルコジは輝く星に見えた。

 だが世界経済が徐々に平常に戻るにつれて、各国は財政規律の復活と構造改革という新たな圧力に直面するだろう。サルコジにとっては頭の痛い問題だ。

 サルコジには政治的野心のために経済をもてあそぶ癖がある。フランスは、手厚い社会保障という緩衝材のおかげで金融危機後の景気後退からいち早く抜け出した。だがその結果、政府は巨額の債務を抱え、平時の状態に復帰できるめどはまったく立っていない。

 EU(欧州連合)はフランスに、10年にはGDP(国内総生産)の8・2%になる見込みの財政赤字を13年までに3%以下に削減するよう勧告した。仏政府は「とてつもなく困難」「非現実的もいいところ」と反発している。

 そして今、サルコジが縁を切ると約束したフランスの悪弊や07年の大統領選で掲げた公約が、欧州2位の経済にさらなる負担をもたらそうとしている。

 トラブルの最初の兆候は「ビッグローン」と呼ばれる新規国債だ。技術革新のための長期の投資資金350億ユーロを調達するための借金で、今月に発行する。慢性的な財政赤字のせいで長期的な投資の余裕がなかったフランスが、将来に備える一助になるとサルコジは言う。だがその投資効果ははっきりせず、赤字が膨らむだけだと批判派は言う。

 この一件は、経済がサルコジの非正統的な政治手法に利用されたときの危うさも示唆している。政府が6月に新規国債による巨額投資計画を発表すると、政敵はその詳細に気を取られて失業問題などの追及はおろそかになった。

唯一の原則はご都合主義

 これこそ典型的なサルコジ経済学、すなわち「サルコノミクス」だ。それが今後フランス経済の足を大きく引っ張りかねない。

 07年の大統領選でサルコジは、硬直化した労働法制や社会保障制度の改革による過去との「決別」を訴えた。当初は、彼には改革をやり遂げるだけの精力と才能があるように見えた。

 だが疑問もあった。彼は市場メカニズムを信じる新自由主義者なのか、それともフランス伝統の国家統制主義者なのか。近代化の必要性を盛んに訴える一方で、彼は財務相だった04年に国家の基幹産業を救済した実績を自慢した。

 右派と左派の両方の発想を取り入れる姿勢は最初、現実主義と映った。だが大統領に権力が集中しチェック機能が働かないフランスには、主義にこだわらないサルコジが経済を短期的な政治目的に利用するのを止める手段がない。

 サルコジは「開放」の名の下にあらゆる政治勢力から人材を引き抜き、アイデアを盗んで政敵を出し抜いてきた。大統領選中には極右の有権者を取り込むため「愛国か、さもなくば国を去れ」と叫び、当選すると、過去最多のマイノリティー(少数派)を入閣させた。野党・社会党からは、ベルナール・クシュネル元保健相とジャック・ラング元教育相という超大物をそれぞれ外相と大統領特使に引き抜いた。

ニュース速報

ワールド

アングル:トランプ氏6人の側近、対中強硬へ足並み 

ワールド

米の香港優遇措置撤廃、「無謀で恣意的」と中国共産党

ビジネス

ルフトハンザ救済案、ドイツ政府と欧州委が暫定合意=

ワールド

ミネソタ州黒人死亡、殺人容疑で元警官訴追 検察「最

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 3

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 6

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 7

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 10

    中国がWHOに送り込んだプロパガンダ宣伝マン

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月