最新記事

偽ジョブズが語る本当のジョブズ

ジョブズ、天才の素顔

暗黒のエネルギーも含め
彼を伝説たらしめたもの

2011.12.15

ニューストピックス

偽ジョブズが語る本当のジョブズ

5年前に1人の記者が軽い冗談で始めたブログ「偽スティーブ・ジョブズの秘密の日記」は月間アクセス数150万の超人気サイトに。ジョブズ亡き今、筆者が振り返る「風刺の真実」

2011年12月15日(木)12時24分
ダニエル・ライオンズ(本誌テクノロジー担当)

 すべてはただのジョークから始まった。ニューズウィークに入社する前、僕はフォーブス誌の記者で、俗にビッグ・アイアンと呼ばれるIBMなどの企業、つまり法人向けにコンピューターや周辺機器を売る大企業を取材していた。「退屈」と言ったら「退屈」という言葉に失礼なくらい退屈な仕事だった。

 06年当時、ソーシャルメディアの論客たちは企業経営者もブログを書くべきだと盛んに主張していた。実際にブログを始めた経営者もいたが、彼らのブログは読めたものではなかった。

 あるとき仕事で退屈した僕は、経営者ブログのパロディーをやろうと思い付いた。試しに数社の経営者のブログを書いてみて、スティーブ・ジョブズが断然面白いという結論に達した。

 早速グーグルのブロガーを利用してブログを開設。ジョブズになったつもりで、ふざけた文章をアップした。こうして生まれたのが、思い切りクレイジーなブログ「スティーブ・ジョブズの秘密の日記」だ。

「偽スティーブ・ジョブズ」というペンネームで書いたこのブログには、最も多い時期には月150万件のアクセスがあった。スタッフもいなければ、特に宣伝もしなかったことを考えれば、驚異的な数字だ。

 口コミだけでどんどん評判が広がった。僕自身の力は微々たるもので、もっぱらジョブズ人気の威力だった。ブログが話題になって大金を稼げたわけではないが、僕の人生が変わったことは確かだ。

 僕の書き込みはそれなりに受けたらしく、開設から数週間足らずで読者は約1000人になり、コメントをくれる人もいた。何よりうれしかったのは、訪問者の大半がこのブログを気に入ってくれたことだ。

 最初は数週間でやめるつもりでいたが、これがどう化けるかと思うと、やめられなかった。せっかくなら説得力のあるものを書こうと、ジョブズについて書かれた本を何冊も読んで研究した。それが大きな転換点になった。知れば知るほど、彼が信じ難く複雑な人間だと分かってきたからだ。

 生後間もなく養子に出されたこと。里親家庭が裕福ではなかったこと。若いときにヒッピー暮らしをし、悟りを求めてインドに旅して信心深い仏教徒になったこと。そんな男が実業家として巨万の富を手にし、その製品が世界を変えた......。これはすごい宝物に出くわしたぞ、と僕の中のフィクションライターは直感した。偉大なキャラクターという宝物だ。

 近頃は多くの記事がジョブズを聖人に仕立てたがっているが、彼は聖人なんかじゃない。周囲の人間に対して、驚くほど気難しい態度を見せることもあった。私生活でも仕事上でも、愚かな過ちを犯してもいる。

 ジョブズの中には、すさまじい悪魔的な怪物がいた。彼は善でもあれば悪でもあり、光と影、陰と陽を併せ持つ。これら2つの側面が、彼の中で表裏一体を成していた。
  
 彼の中の暗黒のエネルギーが輝かしい才能を生み出したのは疑う余地がない。暗い情熱がなければ、彼はただのコンピューター会社の経営者になっていただろう。ジョブズはただの実業家ではない。彼自身、自分をアーティストだと思っていた。しかも、文化そのものをキャンバスとするアーティストだ。

 偉大な天才の常として、彼にも内なる戦いはあった。自分の秘める暗いエネルギーに負けず、そのパワーを巧みに使いこなす戦い。言うまでもなく、ジョブズはこの戦いに勝った。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ

ビジネス

決算本格化へ、23日はテスラとアルファベット=今週

ワールド

アングル:気候変動と農地拡大、アマゾン地域に迫る「
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…
  • 9
    世界で最も美しいAIが決定...初代「ミスAI」はモロッ…
  • 10
    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中