最新記事

基地の島の消えないジレンマ

在日米軍の真実

海兵隊の密着取材で見た
オキナワ駐留米兵の知られざる素顔

2010.03.31

ニューストピックス

基地の島の消えないジレンマ

共生を強いられる米軍への反発と依存がもたらす新たな不安

2010年3月31日(水)12時00分
横田 孝(本誌記者)

 テロとの戦いは、沖縄にも犠牲を強いている。在日米軍は5月、テロ対策および市街戦の訓練の目的で、沖縄本島中部にある金武町のキャンプ・ハンセンの訓練区域「レンジ4」内に都市型訓練施設を作った。

 グリーンベレー(米陸軍特殊部隊)が実弾演習を実施しているが、900人ほどの地元住民が暮らす住宅地との距離はわずか300メートル。7月13日以来、約400人の県民が基地の前でデモを行い、演習中止まで続ける構えだ。

 レンジ4は基地問題の「認識ギャップ」を示す最新事例だ。県の関係者は憤りを隠さないが、それは米軍の実弾演習に対してだけではない。「マスコミの取り上げ方が弱い」と、沖縄県基地対策課の職員は批判する。「基地が東京にあったら取り上げるはずなのに、なぜ沖縄だと取り上げないんだ」

 沖縄の人々は過去数十年、「沖縄の問題は日本の問題」と主張してきた。だが基地問題はいまだに沖縄特有の問題と受け取られている。沖縄を占領していたアメリカが基地建設用地を接収したのは50年代前半。半世紀を経てなお、在日米軍施設の75%が、国土の0・6%にすぎない沖縄にある。

 日米両国政府は96年、沖縄の基地の整理縮小で合意(SACO合意)したが、環境への「アセスメント(影響評価)」などが長引き実現が遅れている。多くの県民は、軍関係者が起こす犯罪に恐怖と怒りをいだき、戦闘機の爆音に悩まされる日々だという。

 沖縄県の稲嶺恵一知事は四つの目標を掲げる。海兵隊基地の国内他地域への移設、嘉手納基地の軍用機による騒音公害の軽減、在日米軍の立場を定める日米地位協定の改訂、そしてレンジ4の撤去だ。

 基地の存在そのものに反対する活動家たちは、米軍との共生すら受けつけない。ただ「出ていけ」と言うばかりだ。

 多くの県民にとって事はそれほど単純ではない。県内の完全失業率は、全国平均のほぼ2倍の7・8%。地元経済は公共事業、観光産業、基地の「3K」に立脚しているとされ、そのうち基地は県民総所得の約5%を占める。

 一方、基地のためにビジネスの機会が失われているとの意見もある。用地には本来、別の使い道があるはずとの主張だ。問題は、基地への依存と決別し経済的に自立する覚悟が県民にあるかどうかだ。

県民が触れたがらない現実

 基地問題の論点はずっと以前からほとんど変わっていない。日米の政府高官は、東アジアの安全保障にとって地政学的に重要な沖縄を手放したくないと考えている。朝鮮半島までグアム島からだと戦闘機で3時間かかるが、沖縄の嘉手納基地からはわずか1時間。県民にいわせれば、そんなことは自分たちには関係ない。日本政府と米軍の理屈にすぎないと、基地対策課の職員は憤る。

 大半の全国メディアは、米軍再編で沖縄の負担は減るとの見通しを伝えている。長期にわたって友好的に米軍を駐留させたい考えの米政府は、県民感情に配慮して米軍の縮小を検討しているが、40代後半のある活動家はいぶかる。「まったく期待していない。再編とは基地を強化する意味だし、再編が基地の負担を軽減すると言っているが、ありえない話だ。米軍が自分たちに都合の悪いことをするわけがない」

 基地で働く8500人余りの県民や、米軍と取引のある業者にとって基地縮小はより切実だ。自分たちは米軍をサポートすることで日本の安全保障に貢献しているし、基地なしでは生活が成り立たないと彼らは主張する。「働く場が限られているし、いやが応でも職場は米軍基地になってしまう」と、全駐留軍労働組合の照屋恒夫・沖縄本部執行委員長は言う。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:水のボトル6本で2000円、カナダ極北部

ビジネス

中国新規融資、7月は6790億元に急減 コロナや不

ワールド

ウクライナ「デフォルト状態」、S&Pとフィッチが格

ワールド

北朝鮮、マスク着用や距離確保の規制解除 「コロナ勝

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 5

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 8

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月