最新記事

基地の島の消えないジレンマ

在日米軍の真実

海兵隊の密着取材で見た
オキナワ駐留米兵の知られざる素顔

2010.03.31

ニューストピックス

基地の島の消えないジレンマ

共生を強いられる米軍への反発と依存がもたらす新たな不安

2010年3月31日(水)12時00分
横田 孝(本誌記者)

 テロとの戦いは、沖縄にも犠牲を強いている。在日米軍は5月、テロ対策および市街戦の訓練の目的で、沖縄本島中部にある金武町のキャンプ・ハンセンの訓練区域「レンジ4」内に都市型訓練施設を作った。

 グリーンベレー(米陸軍特殊部隊)が実弾演習を実施しているが、900人ほどの地元住民が暮らす住宅地との距離はわずか300メートル。7月13日以来、約400人の県民が基地の前でデモを行い、演習中止まで続ける構えだ。

 レンジ4は基地問題の「認識ギャップ」を示す最新事例だ。県の関係者は憤りを隠さないが、それは米軍の実弾演習に対してだけではない。「マスコミの取り上げ方が弱い」と、沖縄県基地対策課の職員は批判する。「基地が東京にあったら取り上げるはずなのに、なぜ沖縄だと取り上げないんだ」

 沖縄の人々は過去数十年、「沖縄の問題は日本の問題」と主張してきた。だが基地問題はいまだに沖縄特有の問題と受け取られている。沖縄を占領していたアメリカが基地建設用地を接収したのは50年代前半。半世紀を経てなお、在日米軍施設の75%が、国土の0・6%にすぎない沖縄にある。

 日米両国政府は96年、沖縄の基地の整理縮小で合意(SACO合意)したが、環境への「アセスメント(影響評価)」などが長引き実現が遅れている。多くの県民は、軍関係者が起こす犯罪に恐怖と怒りをいだき、戦闘機の爆音に悩まされる日々だという。

 沖縄県の稲嶺恵一知事は四つの目標を掲げる。海兵隊基地の国内他地域への移設、嘉手納基地の軍用機による騒音公害の軽減、在日米軍の立場を定める日米地位協定の改訂、そしてレンジ4の撤去だ。

 基地の存在そのものに反対する活動家たちは、米軍との共生すら受けつけない。ただ「出ていけ」と言うばかりだ。

 多くの県民にとって事はそれほど単純ではない。県内の完全失業率は、全国平均のほぼ2倍の7・8%。地元経済は公共事業、観光産業、基地の「3K」に立脚しているとされ、そのうち基地は県民総所得の約5%を占める。

 一方、基地のためにビジネスの機会が失われているとの意見もある。用地には本来、別の使い道があるはずとの主張だ。問題は、基地への依存と決別し経済的に自立する覚悟が県民にあるかどうかだ。

県民が触れたがらない現実

 基地問題の論点はずっと以前からほとんど変わっていない。日米の政府高官は、東アジアの安全保障にとって地政学的に重要な沖縄を手放したくないと考えている。朝鮮半島までグアム島からだと戦闘機で3時間かかるが、沖縄の嘉手納基地からはわずか1時間。県民にいわせれば、そんなことは自分たちには関係ない。日本政府と米軍の理屈にすぎないと、基地対策課の職員は憤る。

 大半の全国メディアは、米軍再編で沖縄の負担は減るとの見通しを伝えている。長期にわたって友好的に米軍を駐留させたい考えの米政府は、県民感情に配慮して米軍の縮小を検討しているが、40代後半のある活動家はいぶかる。「まったく期待していない。再編とは基地を強化する意味だし、再編が基地の負担を軽減すると言っているが、ありえない話だ。米軍が自分たちに都合の悪いことをするわけがない」

 基地で働く8500人余りの県民や、米軍と取引のある業者にとって基地縮小はより切実だ。自分たちは米軍をサポートすることで日本の安全保障に貢献しているし、基地なしでは生活が成り立たないと彼らは主張する。「働く場が限られているし、いやが応でも職場は米軍基地になってしまう」と、全駐留軍労働組合の照屋恒夫・沖縄本部執行委員長は言う。

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 3

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 4

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 5

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 6

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 10

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月