最新記事

基地問題の元凶は主権問題にあり

日米関係
属国か対等か

長年の従属外交を脱して
「ノー」といえる関係へ

2009.11.10

ニューストピックス

基地問題の元凶は主権問題にあり

目先の基地移転だけでは日米同盟に未来はない

2009年11月10日(火)12時37分
リチャード・サミュエルズ(マサチューセッツ工大学教授)

 米軍の基地問題は、慢性の湿疹のようなものだ。日米同盟を絶えず悩ませ、なかなか完治しない。自民党が基地対策特別委員会を設置したのは61年。だが、治療方法はまだ見つかっていない。

 現在、湿疹は2カ所で悪化している。神奈川県のキャンプ座間と、沖縄県の普天間飛行場だ。ドナルド・ラムズフェルド米国防長官が進めている世界規模の米軍再編のもとで、キャンプ座間については機能強化が検討されている。沖縄ではこの10年、基地移転問題での進展はみられない。

 日米の高官協議はあてにならず、膠着状態に陥っている。日本政府に圧力をかけようと、ラムズフェルドは10月下旬に予定されていた訪日を中止した。

 こうした状況は、日米同盟そのものを脅かす。米軍と自衛隊の司令部間で連携を強化し、共同訓練を増やし、軍備計画の統合や基地の共同使用を増やす。それらすべてが、より対等な軍事同盟を築くプロセスになる。

その場しのぎの再編プラン

 にもかかわらず、日米の防衛当局は事あるごとに交渉の前進を阻んでいる。米政府内には、日本の姿勢を、同盟国としての責任を全うしない「タダ乗り」だとぼやく声がいまだに根強い。一方、日本側からしてみれば、基地問題は同盟の柱の一つであるとしながらも、政治的には地方の問題だととらえている。

 キャンプ座間の近隣2市は最近、基地拡大に反対する住民約30万人分の署名を政府に提出し、米軍の「占領」はいつ終わるのかと公に疑問を呈した。「座間は第二の安保(闘争)になる」と、ある国会議員は大規模な抗議運動に発展しつつあるとの見方を私に語った。

 だが、在日米軍基地の移転や拡大といったことよりも、はるかに根深い問題がある。日本の主権問題だ。

 20年前、島口武彦・元防衛施設庁長官がベトナムを訪れてソビエト海軍基地について尋ねると、ベトナムの担当者はこう答えたという。ベトナムに外国軍の基地はない、施設を貸しているだけだ、と。日本も主権を完全に取り戻して(米軍基地の)治外法権をなくさなければ、日米同盟はハンディを背負ったままだろうと、島口は嘆いた。

 湿疹を治すには、まずかゆみの元を取り除かなくてはならない。基地の国内移転といった「塗り薬」の効き目は一時的なものにすぎない。主権問題は、ただちに向き合わなくてはならない問題だ。

ニュース速報

ビジネス

ECB、コロナ禍対応に緩和策維持=総裁

ビジネス

米、デジタル通貨の開発急ぐより正しい対応が重要=F

ビジネス

米コノコ、シェールオイルのコンチョ買収 97億ドル

ビジネス

ECB、現時点で追加金融刺激策は不要=オーストリア

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    特権社会・中国ではポルノを見るのも一部の特権

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    日本の科学者は「給料安い」「ポンコツ多い」(一流…

  • 6

    日本メディアが使う「中国の少数民族」は政治的な差…

  • 7

    中国の傲慢が生んだ「嫌中」オーストラリア

  • 8

    アメリカの一流企業がビットコインを「大量購入」 そ…

  • 9

    台湾世論「トランプの方がバイデンよりマシ」な理由…

  • 10

    GoToイートは菅総理の信念の180度逆で根本的に誤り

  • 1

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    ヒトが進化している証拠? 前腕に動脈を3本持つ人が…

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    ネコにゆっくりと瞬きすると、ネコもゆっくりと瞬き…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月