最新記事

世界が尊敬する日本人

国境と文化の壁を越えて輝く
天才・鬼才・異才

2009.04.08

ニューストピックス

押谷仁(WHO感染症地域アドバイザー)

SARSを食い止めた前線指揮官

2009年4月8日(水)18時38分
アレグザンドラ・セノ

 新型肺炎SARSの蔓延を防いだ男----押谷仁(45)は一部でそう呼ばれる。世界で774人の死者を出したSARSを予防する戦いの最前線で、押谷は指揮をとった。

 「押谷は真っ先に感染地域へ乗り込み、状況把握に努めた。その地域で何が起きているか、彼に聞けばわかった」と、SARSに関する著書があるトーマス・エイブラハムは言う。

 肩書はWHO(世界保健機関)西太平洋事務局の感染症地域アドバイザー。平たくいえば、感染症から地球を守る白衣の戦士だ。

 99年の就任以来、中国をはじめ37カ国・地域で感染症の発生監視を指揮してきた。「担当エリアは最も人口が多く、多種類の新興感染症が潜む地域なので、やりがいがある」と、押谷は言う。

「戦友」の死を乗り越えて

 大阪生まれの東京育ち。東北大学に進学して微生物の研究医になり、国際協力機構(JICA)の前身、国際協力事業団の医学専門スタッフとしてザンビアに赴任した。さらに新潟大学医学部で教鞭をとった後、WHOに入った。

 専門はインフルエンザ。WHOで働くにはうってつけだ。専門家は現在、1918年のスペイン風邪に匹敵する危険な新型インフルエンザが東アジアで発生するのではないかと警戒している。スペイン風邪による死者は、世界で数千万人にのぼった。交通機関が発達した今では、感染がもっと急速に広がるおそれがある。

 昨年のSARS発生では、押谷らのチームは世界中がかたずをのんで見守るなか、迅速な対応を迫られた。WHOに危険を知らせる第一報が入ったのは3月。ハノイにいたWHOの医師カルロ・ウルバニが、現地で発生した謎めいた呼吸器疾患について、電話で押谷の意見を求めてきたのだ。

 それから2週間、2人は電子メールを100通以上交換。押谷はハノイに飛んでウルバニと合流し、現地の職員や医師と話し合った。

 その後、状況はさらに悪化。香港、シンガポール、トロントで次々に発生が報告された。さらにウルバニも発病してタイの病院に隔離され、帰らぬ人となった。「私たちも気が気ではなかった。彼と一緒に病院を視察していたから」と、押谷は言う。

 押谷は死の危険を感じながらも、感染の終息まで持ち場を離れず、発生源の追跡と迅速かつ正確な情報提供を続けた。「SARS発生で、世界中の人々がかつてない危険にさらされた」と、香港保健当局の責任者、楊永強は言う。

 「ドクター押谷は卓越したプロ意識と指導力を発揮して、中国本土とベトナムの感染拡大を防ぐために専門的なサポートをしてくれた。彼を通じてWHOから質の高い情報を得られたからこそ、私たちは効率的な対策を打ち出せた。彼は常にとても協力的で、豊富な情報や知識をもっている。理想的な国際協力のパートナーだ」

[2004年10月20日号掲載]

ニュース速報

ワールド

ファイザー・モデルナ製ワクチン、米政府が競合へ製造

ワールド

米新政権、EUアルミ・鉄鋼関税撤回を=在米EU大使

ワールド

日米首脳が電話会談、同盟強化で一致 菅首相の早期訪

ワールド

IOC、東京五輪成功へ完全にコミット=バッハ会長

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月