最新記事

横田宗隆(パイプオルガン建造家)

世界が尊敬する日本人

国境と文化の壁を越えて輝く
天才・鬼才・異才

2009.04.08

ニューストピックス

横田宗隆(パイプオルガン建造家)

中世の音を現在に甦らせる

2009年4月8日(水)18時22分
前田雅子

 パイプオルガン建造家の横田宗隆が、ドイツのハンブルク近郊の教会を訪れたのは76年のこと。300年以上前に作られたオルガンに強い感銘を受けたが、まさか20年後に自分がその調査を依頼されるとは思ってもみなかった。

 そんな劇的な「再会」も、現在の活躍ぶりからすれば不思議ではない。横田(53)には、世界から名指しで建造や調査の依頼が来る。現在携わる韓国芸術総合大学の次はニューヨークのイーストマン音楽大学、その後にはコーネル大学のプロジェクトが控えている。

 パイプオルガンの世界にも工場での機械製造が広まるなか、横田は中世以来の伝統的な製法にこだわる数少ない建造家の一人。大きなオルガンだと数千本あるパイプもすべて手作業で作る。1台のオルガンの製造に5、6年かかるため、手がけた数は決して多くない。

 横田には過去の製法を再現するハイレベルな技術と、耳だけを頼りにパイプの音を調整する「整音」の天賦の才能があると、コーネル大学のアネット・リチャード教授は言う。「横田のオルガンの音は温かく生き生きとして、豊かだ」

 古い製造様式へのこだわりは、オルガンとの出合いにさかのぼる。13歳のときに偶然手にしたレコードが、17世紀後半の名匠アルプ・シュニットガー作のオルガンの演奏だった。楽器の奏でるどこか懐かしい音に衝撃を受けただけでなく、「ヨーロッパの音楽、宗教、建築技術が集まったパイプオルガンの複雑さに夢をかきたてられた」と、横田は言う。

 大学卒業後に日本で3年間見習いをした後、横田が選んだ修業先は意外にもアメリカだった。事前にヨーロッパに下見に行ったが、期待を裏切られたという。

 「著名な建造家の作品でも、現代のパイプオルガンは300年前のものにはかなわないと、見て触って聴いて確信した。ショックだった」。そんなとき、オルガン演奏の世界的権威であるハラルド・フォーゲルから、歴史的な製造様式を採用するアメリカの建造家を紹介され、渡米した。

 現在はスウェーデンのイエーテボリ・オルガン芸術センター(GOArt)に在籍する。 GOArt は世界でも珍しいオルガン専門の研究・教育機関。研究者でもある横田は、出版や講演活動にも多くの時間を割く。

地域密着の「もの作り」

 横田の思い入れが最も強いのが、「オンサイト・コンストラクション」 といわれる中世後期以来の製造工程。注文を受けた土地に出向き、そこで生活をしながら、その土地の材料を使って製作する。スタッフも現地で集める。

 84年のカリフォルニア州立大学チコ校のプロジェクトでは、6年間かけてこれを実現させた。彫刻家やエンジニアなど各部門の専門家に交じって、地域の学生や主婦、お年寄りが一体となって1台のオルガンを完成させた。

 オンサイト・コンストラクションは「自分たちのオルガンを作るという人々の熱気にあふれ、まさに『もの作り』の楽しさが味わえる」と、横田は言う。「オルガンは専門家のためでなく、音楽を聴く一般の人のためのもの。それを忘れてはいけない」

 表面的な精確さを偏重しがちな現代の楽器には冷たさを感じると、横田は言う。横田がめざす「温かく人間くさい」オルガンの音は、300年前の人が聴いても懐かしく感じるはずだ。

[2005年10月26日号掲載]

ニュース速報

ワールド

ファイザー・モデルナ製ワクチン、米政府が競合へ製造

ワールド

米新政権、EUアルミ・鉄鋼関税撤回を=在米EU大使

ワールド

日米首脳が電話会談、同盟強化で一致 菅首相の早期訪

ワールド

IOC、東京五輪成功へ完全にコミット=バッハ会長

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月