ニューストピックス

Newsweekアーカイブ&スペシャルリポート

新元号「令和」と新時代の日本

新元号「令和」と新時代の日本

「令和」は変わる日本のシンボルか、変わらない日本の象徴か Franck Robichon-REUTERS

2019.04.19

日中関係

新元号「令和」で占う、日中関係の行方

2019.04.19
CIAが視る世界 グレン・カール

「令和」の時代に日本が直面する最大の問題とは何か

<国際秩序の激変や急速な人口減少などの試練に対処し、「美しい調和」の時代を築くことができるのか> 1人の外国人の目から見ると、新しい元号に「

2019.04.18
世界が見た「令和」

令和と天皇──皇室制度はこれからも時代に順応する

2019.04.11
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

令和フィーバー:使いづらいものの発表にお祭り騒ぎの愛すべき日本

<日本中が熱狂した新元号の狂騒曲。でもこの話題で盛り上がれる日本に、世界は本当は憧れている......かも> ※4月16日号(4月9日発売)

2019.04.09
日本社会

平和と国際親善の天皇は去りゆく

2019.04.06
元号

元号は天皇が決めるべきだ

2019.04.05
中国

「令和」に関して炎上する中国ネット

2019.04.04
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

新元号「令和」に秘められた、かもしれない政治ドラマ

<新元号の典拠である万葉集の「梅花の宴」の背景には、九州の大宰府に赴任した大伴旅人と朝廷をめぐる政治ドラマがあった> 新元号「令和」について

2019.04.02
外交官の万華鏡 河東哲夫

国家元首かアイドルか......人権なき「天皇制」の未来は

<「万世一系」と敗戦処理により酷で半端な存在に? 天皇退位を前に考えるタブーなき改革案> 今上天皇の生前退位が4月末に迫るなか、この機会に天

2019.03.28

MAGAZINE

特集:ファーウェイの正体

2019-5・21号(5/14発売)

中国軍出身者が作り上げた最強の5G通信企業ファーウェイが世界の情報網を支配する日

人気ランキング

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    収入が減る一方で家賃は上がる──日本が過去20年で失った生活のゆとり

  • 4

    米中交渉決裂、追い込まれた習近平

  • 5

    イランも臨戦態勢に──戦争を避ける最後のチャンス

  • 6

    シカゴで猟奇殺人──19歳の妊婦を殺害後、腹を切って…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 10

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 7

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 8

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!