ニューストピックス

ニューズウィーク日本版アーカイブ&スペシャルリポート

<nobr>クラウド化知的生産革命</nobr>

クラウド化知的生産革命

仕事の効率化から「知」の創造まで
新世代コンピューティングの基礎知識

2010.02.04

すべての情報は「クラウド」で共有・管理し、人間は知的創造に特化するという人類史上の第4革命の正体と使いこなし方。企業も個人も生産性の飛躍的向上は当たり前という、新たな競争社会の到来だ
Photos: flickr

クラウド化

クラウド活用で知的生産性アップ 

ITに多額の投資をしたり人手を割いて管理する時代は終わった。クラウド化でコストを省き知的創造に資源を集中しなければ、企業は生き残れなくなる [2009年10月28日号掲載]

2010.02.04
クラウド化

【事例1】貧しい教室を格安でハイテク化 

1万4000台のおんぼろパソコンが低予算でよみがえった [2009年10月28日号掲載]

2010.02.04
クラウド化

【事例2】カトリーナが生んだ救援システム 

現場で入力されたデータを一元管理、支援の進捗度を常時把握する [2009年10月28日号掲載]

2010.02.04
クラウド化

【事例3】5000人のコンサル脳を仮想結合 

世界中の社員を「集め」、3日間で2カ月分のブレインストーミングを達成 [2009年10月28日号掲載]

2010.02.04
クラウド化

雲の向こう側の業界未来図 

[2009年10月28日号掲載]

2010.02.04
テクノロジー

グーグル安全神話の崩壊

グーグルへの中国サイバー攻撃問題で、クラウド・コンピューティングの意外な弱さが露呈した 

2010.02.04
クラウド化

これだけは押さえたい役立ちツール 

音楽ダウンロードからオンデマンド映画まで、これであなたも一歩進んだクラウド生活! [2009年10月28日号掲載]

2010.02.04
クラウド化

【哲学】人類をリセットするクラウド革命

単体の存在から相互につながる情報の共有体へ。技術の進化による「第4の革命」が人間の定義を覆す 

2010.02.04
  • 1

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」のリアル

  • 3

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 4

    原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

  • 5

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 6

    脱北者、北に逃げる。物語で描かれないその素顔

  • 7

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    「消費減税に安倍首相も関心、税率ゼロ%の方が対応容…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!