ニューストピックス

ニューズウィーク日本版アーカイブ&スペシャルリポート

<nobr>温暖化「うま過ぎる話」</nobr>

温暖化「うま過ぎる話」

エコ助成,排出権,グリーンニューディール
環境問題はなぜ怪しい話や
誤解だらけなのか

2009.11.24

ポスト京都議定書の温室効果ガス削減の枠組みを決める第15回締約国会議(COP15)が12月7日からコペンハーゲンで開催される。主要国の間では早くも合意先送りのムードが広がっているが、もっと問題なのはご都合主義的な主張がはびこっていることだ

経済予測

環境版「うま過ぎる話」 

「環境に優しい経済」が低コストで実現できる? 環境保護派の主張は経済学的にはでたらめだ [2009年7月15日号掲載]

2009.11.24
温暖化

トンデモ科学が地球を救う? 

人工火山灰で太陽光を遮断、CO2を回収して埋蔵──巨大スケールの地球工学は温暖化対策の切り札になるか [2009年7月15日号掲載]

2009.11.24
環境

グリーンニューディールに期待し過ぎは禁物 

オバマ政権の目玉「グリーンニューディール」の意外な悪影響 [2009年4月15日号掲載]

2009.11.24
環境

エコ助成金の大いなる勘違い 

政府の後押しは技術の停滞や企業の競争力低下を招く恐れもある [2009年11月 4日号掲載]

2009.11.24
環境

牛のゲップをグリーン化せよ 

温室効果ガスを減らすために牛の餌を変えたり遺伝子を操作してエコなビーフを作り出す試みが始まった [2009年9月23日号掲載]

2009.11.24
産業

エコに懸ける地域経済学 

鉱物資源の採掘から自然エネルギー産業へ大転換を図るコロラド州が成功している理由  [2009年7月15日号掲載]

2009.11.24
温暖化

中国とインドが払うツケ 

中国とインドはCO2排出削減に応じようとしないが両国が温暖化によって受けるダメージは先進国より大きい  [2009年9月 9日号掲載]

2009.11.24
温暖化

「クラウド化」のエコなIT基地は北の大地が育む 

「クラウド化」を支えるデータセンターがヨーロッパ北部の小国に建設されるのはなぜ? [2009年9月16日号掲載]

2009.11.24
温暖化ガス

CO2排出戦争が始まった 

ポスト京都議定書をめぐる議論は貿易交渉並みに混乱を極めている。保護主義に走る各国の「わがまま」な主張の行方は? [2009年7月15日号掲載]

2009.11.24
環境

CO2削減、イギリスの戦略 

コペンハーゲン会議での枠組み合意が世界経済の新たな原動力になる [2009年10月14日号掲載]

2009.11.24
  • 1

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!