ニューストピックス

ニューズウィーク日本版アーカイブ&スペシャルリポート

世界が尊敬する日本人

世界が尊敬する日本人

文化と言葉の壁を越えて輝く
天才・鬼才・異才

2009.04.26

それぞれの分野で称賛を得ている人々の姿を通し、新しい時代の日本人像を探る。2019年4月には10年ぶりとなる本誌特集を発売。

日本

石井健雄(ヨーデル歌手)

アルプスにこだまする歌声 [2006年10月18日号掲載]

2009.04.24
日本

藤田哲也(気象学者)

気象界のミスター・トルネード [2006年10月18日号掲載]

2009.04.24
日本

が〜まるちょば(パントマイムアーティスト) 

心で世界を動かす笑いのロックンロール [2007年10月17日号掲載]

2009.04.24
日本

どーもくん(NHKキャラクター) 

世界のテレビに乗り込むぞ! [2007年10月17日号掲載]

2009.04.24
日本

鈴木宗男(衆院議員)

日ロ関係を支えた疑惑の男 [2005年10月26日号掲載]

2009.04.24
日本

レイコ・クルック(メーキャップアーティスト)

巨匠たちが頼る「顔面のシェフ」 [2004年10月20日号掲載]

2009.04.08
日本

岡野雅行(岡野工業社長)

米軍も頼りにする職人芸 [2004年10月20日号掲載]

2009.04.08
日本

押谷仁(WHO感染症地域アドバイザー)

SARSを食い止めた前線指揮官 [2004年10月20日号掲載]

2009.04.08
日本

横田宗隆(パイプオルガン建造家)

中世の音を現在に甦らせる [2005年10月26日号掲載]

2009.04.08
日本

田中淳子(フォトグラファー) 

ヒップホップの魂をつかむカメラ [2006年10月18日号掲載]

2009.04.08
日本

外尾悦郎(彫刻家)

ガウディの哲学を石に刻む [2006年10月18日号掲載]

2009.04.08
日本

スワーダ・アル・ムダファーラ(教育者)

オマーン人が慕う名物校長 [2006年10月18日号掲載]

2009.04.08
日本

山下哲也(ギャルソン)

カフェの本場でめざす究極のおもてなし [2007年10月17日号掲載]

2009.04.08
日本

岡部万里江(国連事務総長次席報道官)

国連を陰で支える腕利きの女性報道官 [2007年10月17日号掲載]

2009.04.08
日本

麻生茂明(グローブデザイナー) 

ボンズもマダックスもこの「職人」を頼る [2007年10月17日号掲載]

2009.04.08
  • 1

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 3

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」と呼ぶのをやめるべき

  • 4

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 5

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 6

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 7

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 8

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 9

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 10

    インド南部でLCC旅客機が着陸失敗、17人死亡 約170…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!