最新記事

山下哲也(ギャルソン)

世界が尊敬する日本人

国境と文化の壁を越えて輝く
天才・鬼才・異才

2009.04.08

ニューストピックス

山下哲也(ギャルソン)

Tetsuya Yamashita

カフェの本場でめざす究極のおもてなし

2009年4月8日(水)18時03分
トレーシー・マクニコル(パリ)

 黒のタキシードとパリッとした白のエプロンに身を包み、山下哲也(34)はパリにある「カフェ・ド・フロール」のテーブルの間を軽やかにぬって給仕に就く。

 創業1890年のこの老舗カフェは長年、ピカソやヘミングウェイなど著名人に愛されてきた。常連客だった哲学者サルトルは、「綱渡りの曲芸師のように大胆にトレイを操る」ギャルソンを称賛したものだ(トレイの重さは6キロになることも)。

 ギャルソンの報酬は歩合とチップのみ。サービスは磨かれるが、精神的にも肉体的にも競争はきつい。「まるでスポーツだ」と、山下は語る。

 東京・表参道のカフェ・ド・フロール(現在は閉店)で仕事を覚えた山下はやがて「本場」に憧れるようになった。だが、パリの店では白人のフランス人しか雇わないとも言われた。当時の山下はフランス語も話せなかったという。渡仏を果たしたのは02年。語学を学びながら、9カ月間、毎週店に通ってチャンスをつかんだ。批判も耳に入るが(「どうして日本人がこの店で働いているんだ?」)、山下は理解を示す。「フランスは保守的だから。エッフェル塔だって最初は評判が悪かった」

 現在は正規スタッフ20人のうちの1人。日本でカフェを出せば儲かるといわれるが、そこは根っからの曲芸師のこと、ちょっとやそっとのことでは揺らがない。「それじゃ、簡単すぎる」と、山下は完璧なフランス語で答えてみせた。

[2007年10月17日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

米ウォルマート、8─10月も米既存売上高が予想上振

ワールド

英国、EU残留か合意なき離脱の公算大きい=シティ

ビジネス

イタリア、「同盟」が次回選挙で過半数獲得ならユーロ

ワールド

英EU離脱担当相ら辞任、協定案承認に抗議 与党でメ

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

  • 6

    人肉食が予防した不治の病

  • 7

    期待の中国でも販売シェア半減に 韓国現代自動車は…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 10

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 1

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 2

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 3

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 4

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 8

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあっ…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月