コラム

大リーグサイン盗撮問題、まずアストロズに厳罰

2020年01月14日(火)18時15分
大リーグサイン盗撮問題、まずアストロズに厳罰

今回厳しい処分を下したマンフレッドMLBコミッショナーは、野球人気が下火になりつつある中での疑惑に危機感を持っていたのだろう Orlando Ramirez-USA Today/REUTERS

<キャッチャーの出すサインを望遠レンズで盗撮していた悪質な問題に、MLBは極めて厳しい処分で臨んだ>

2017年にワールドシリーズを制覇した、ヒューストン・アストロズに関しては、「サイン盗撮」疑惑が問題になっていました。疑惑の内容は、バックスクリーン近辺から、望遠レンズでキャッチャーの出すサインを盗撮、その内容を解析して球種をバッターに対して「音で伝達」していたという悪質なものです。

この疑惑については、マンフレッドMLBコミッショナーを中心に捜査が進められ、今回、処罰が発表されました。1月13日に発表された処分では、まず、ジェフ・ルーノウGMと、AJ・ヒンチ監督には「2020年シーズン全面職務停止」ということになりました。加えて2020年と21年の2年間、アストロズはドラフト一巡目、二巡目の指名禁止、さらに500万ドル(5億5000万円)の罰金が課されています。

ルーノウGMと、ヒンチ監督は、「自身の関与は否定」しつつもコミッショナーの裁定には従うと表明しましたが、球団からは即時解雇されました。両名ともに、制裁期間内はいずれの球団の仕事もできないことになっています。相当に厳しい処罰内容ですが、最終的に2017年のワールドシリーズ優勝という栄誉は剥奪されなかった以上、処罰対象の両名も、球団も裁定を受け入れるしかなかったのだと思います。

さて、この事件ですが、まず明るみに出た経緯が興味深いと思います。まず2017年にアストロズに在籍していたマイク・フィアーズという現役の投手が内部告発を行いました。そしてこの事態を深刻な問題だと捉えた、ケン・ローゼンタールというスポーツジャーナリストが、雑誌「アトランティック」誌上で告発しました。

今後はレッドソックスへの処罰が焦点

ちなみに、ローゼンタールはワールドシリーズの独占放映権を持っているFOXスポーツ社の契約評論家でもあり、全米の野球ファンであれば知らない人はいないという著名な人物でもあります。そのような業界の内部の著名人が迅速に告発に動いたというのは特筆に値すると思います。また、ファイアーズは現役選手として内部告発した後、デトロイト・タイガースを経て、現在はオークランド・アスレチックスでプレーしています。

一方で、今回発表されたコミッショナー報告書では、今回の処分対象とはされていないものの、2人の監督が名指しで事件への関与を指摘されています。

1人は現在、ボストン・レッドソックスのアレックス・コーラ監督です。コーラ監督については、アストロズのベンチコーチだった時期に、今回暴露された「サイン盗撮の方法をセットアップした」人物の1人だとされています。実は、そのレッドソックスについても同様の疑惑があり、コーラ監督への処罰は、その調査報告を待って行われる可能性が濃厚と報じられています。

もう1人は、今年からニューヨーク・メッツの監督に就任したカルロス・ベルトランで、2017年にアストロズの選手として、この「サイン盗撮」に関与していたと、報告書の中で名指しで指摘されています。コミッショナーからの処罰対象にはなっておらず、従って一方的に解雇されることはないと思いますが、今後の流れ次第では進退問題に発展する可能性もあるかもしれません。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

英EU離脱関連法が成立、エリザベス女王が裁可

ワールド

プーチン大統領、安保理常任理事国の首脳会議開催を呼

ワールド

中国河北省で新型肺炎患者死亡、武漢以外で初の死者 

ビジネス

ECBが戦略検証開始、総裁「調整力発揮」 成長リス

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 6

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 7

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 8

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 9

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 10

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    韓国の自動車が危ない?

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!