コラム

追悼、フィリップ・シーモア・ホフマン

2014年02月04日(火)13時24分

『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』(ジョージ・クルーニー監督、2011年、原題: The Ides of March) ホフマンの演技力ということでは、1つの頂点だと思います。主役のライアン・ゴズリングの上司として大統領候補の選挙参謀役で登場するのですが、「いかにもワシントン政界のウラ」に生息する「やり手」風の喋り方の中に、善悪の交錯する複雑な心理を埋め込んでおり、技術的にはため息をついてみるしかないレベルだと思います。

『カポーティ』(ベネット・ミラー監督、2005年) 言わずと知れたホフマンの「オスカー主演男優賞」受賞作。ここでのホフマンは、作家トルーマン・カポーティの特徴ある喋り方や表情を徹底的に再現しようとしており、演技のスタイルとしては極めて人工的です。ですが、人工的な芝居の積み上げというのは、あくまで後半にやってくるクライマックスで主人公が「崩壊」するための序章に過ぎないわけで、そのクライマックスにおけるホフマンの演技には鳥肌が立ちます。

『コールド・マウンテン』(アンソニー・ミンゲラ監督、2003年) 本作は、ベストセラー小説の映画化で、南北戦争終結前後における「北軍による南軍狩り」を描くという内容自体が「映画向け」ではないために、ミンゲラ監督は相当に苦労した作品です。その中で、ホフマンは「堕落した牧師」というキャラクターで、主人公(ジュード・ロウ)の同行者として出てきます。小さな役ですが、猛烈に難しい役でもあり、ホフマンは本当に色々なことをしていて興味深いです。

『リプリー』(アンソニー・ミンゲラ監督、1999年) ミンゲラ監督、そしてジュード・ロウとの共演ということでは、この『リプリー』の方が良いかもしれません。ホフマンは、イタリアの風景の中で「浮いているアメリカ人」ということ、そして同性愛的な雰囲気、更には主演のマット・デイモンとの確執など、複雑な要素の埋め込まれたキャラを巧妙に表現しています。

『マグノリア』(ポール・トーマス・アンダーソン監督、1999年) ホフマンは、アンダーソン監督の作品にも何本かでており、例えば70年代のポルノ映画業界を描いた怪作(本当は傑作)『ブギー・ナイツ』などにも出ています。この宗教的とも言える複雑なオムニバス群像劇では、終末医療を担当する看護師の役で「抑制と静謐」を演じて、ある意味で作品全体を「締める」役回りを見事にこなしています。

 とりあえず5本を振り返ってみて思うのですが、ホフマンは若い時から「チョイ悪+鋭利な知性+早口+人情味」という要素のキャラがやや固定していました。その意味では、大ヒット作の『ミッション・インポシブル3』とか一連の『ハンガー・ゲーム』シリーズなどエンタメ系の「悪役」などは、彼にしては「朝飯前」だったのだと思います。

 ですが、『マグノリア』で見せたピュアな静謐感というのもホフマンは本当にキチンと演じていました。決して大傑作ではないのですが、人情味を重視した医師の伝記映画『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』でも主人公の同僚にして理解者の役で、実に「きれいな」演技と透明な笑顔を表現していたのが印象に残っています。

 彼がこれから先、50代、60代へと進む中で「知的チョイ悪キャラ」だけでなく、静謐で透明なキャラクターの表現をどんどん深めていってくれたら、そんな思いは、しかし永遠に叶わないことになりました。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

東京で新たに143人感染、累計1000人超す=報道

ワールド

OPECプラス会合、9日に延期 ロシアとサウジが対

ワールド

新型コロナ、仏英で死者が過去最多 伊・スペインは拡

ワールド

8割以上が緊急事態宣言を支持=孫氏ツイッター調査

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!