プレスリリース

Qiワイヤレス充電式次世代紛失防止タグ「EyeTag」 カードタイプとコンパクトキータイプの先行予約を開始

2024年02月29日(木)16時15分
創業75年、時代のニーズと共に進化し続ける浜田電機株式会社(本社:東京都中央区)は、失くしたものをすぐに見つけるためのApple"探す"対応Qiワイヤレス充電式次世代紛失防止タグ「EyeTag」シリーズを発表しました。シリーズには最新テクノロジーを結集した「超薄型1.7mmカードタイプ」と「コンパクトキータイプ」の2機種が含まれています。

2024年2月29日(木)11時よりクラウドファウンディングをKibidango(きびだんご)でスタート。
超早割り特別価格で先行予約の受付を開始いたします。

https://kibidango.com/2523
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/386799/LL_img_386799_1.jpg
紛失防止に!EyeTag

EyeTagは、カード型スマートタグ。貴重品に入れるだけで紛失防止や、効率よく紛失物を探すことができます。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/386799/LL_img_386799_2.jpg
クレジットカードとほぼ同じサイズ

財布や貴重品に入れてもかさばらず、スマートに持ち歩ける超薄型設計。
わずか[1.7mm]という薄さの中に卓越した技術が盛り込まれています。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/386799/LL_img_386799_3.jpg
クレジットカードとほぼ変わらない薄さ!

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/386799/LL_img_386799_4.jpg
面倒な電池の入れ換えなし!充電式で、繰り返し使えます

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/386799/LL_img_386799_5.jpg
Qiワイヤレス充電式

【こんな時にEyeTag!】
普段持ち歩く貴重品の管理、盗難防止、忘れ物防止や見守りなど、あらゆるシーンであなたの生活をサポートします。
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/386799/LL_img_386799_6.jpg
あらゆるシチュエーションでご活用いただけます

【CardとKeyの2タイプ】
使用シーンによって使い分けられる2タイプをご用意。あなたの生活スタイルに合わせてお選びください。
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/386799/LL_img_386799_7.jpg
使用シーンによって使い分けられる2タイプをご用意

【持ち物を見つける、探す!】
●置き忘れ防止に
貴重品とEyeTagが一定の距離(約300~500m)が離れると通知がプッシュされ、すぐに気が付くことができます。
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/386799/LL_img_386799_8.jpg
忘れ物を即座に通知
(※手元から離れた時に通知する機能をオンにしておくこと)

「探す」アプリを使って地図上で位置を確認、その場所まで案内します。
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/386799/LL_img_386799_9.jpg
「探す」アプリを使って地図上で位置を確認

●音を鳴らして探せる
急いでいる時に限って、お財布や鍵が見つからない!なんてことはありませんか? そんな時は「探す」アプリの「サウンド再生」ボタンで音を鳴らして、所在を特定することができます。
※半径50メートル内で鳴らすことが可能

「Hey Siri、鍵を探して!」と声をかけるだけでもOK!
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/386799/LL_img_386799_10.jpg
「サウンド再生」ボタンで音を鳴らして所在を特定

【Apple「探す」アプリ対応】
EyeTagは、Apple Find My認証取得品。Appleの「探す」アプリに対応しています。 持ち物の位置情報を地図で特定し、そこまでの経路、距離、時間を一発で確認することができます。
画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/386799/LL_img_386799_11.jpg
Apple Find My認証取得品

■EyeTagの仕組み
世界中にある数億台のAppleデバイス、「探す」のネットワークがサポートし、EyeTagの場所まで案内します。 EyeTagは、近くにある「探す」ネットワーク上のデバイスが検知できるように、安全なBluetooth信号を送信。
画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/386799/LL_img_386799_12.jpg
信号を受け取ったデバイスは、EyeTagの位置情報をiCloudに送信

信号を受け取ったデバイスは、EyeTagの位置情報をiCloudに送信。 「探す」アプリを開くとマップ上で確認できるという仕組みです。

【プライバシー機能で安全】
EyeTagの場所は、本人しか見ることができす、位置情報や履歴がEyeTagの中に保存されることもありません。 EyeTagの場所を中継するデバイスは匿名に保たれ、送られる位置情報は最初から最後まで暗号化されます。

EyeTagは、不要な追跡に使われないように設計されています。 誰かのEyeTagがあなたの持ち物に紛れ込んでも、それをネットワークが検知して、あなたのiPhoneにアラートを表示。
画像13: https://www.atpress.ne.jp/releases/386799/LL_img_386799_13.jpg
EyeTagのアラートはご自身のEyeTagが離れた時にだけ有効になるので安心

EyeTagを持っている人たちが側にいても、このアラートは、ご自身のEyeTagが離れた時にだけ有効になるのでご安心ください。

【子供や高齢者の見守りにも】
子供や高齢者の見守りにもおすすめです。
画像14: https://www.atpress.ne.jp/releases/386799/LL_img_386799_14.jpg
子供や高齢者の見守りにもおすすめです

【繰り返し使用できるQiワイヤレス充電式】
●バッテリー長持ち
EyeTagは100mAhのポリマーバッテリー内蔵し、1回の充電で約1年使用できます。(※使用状況により異なる)

さらに、QI規格を満たすどんなワイヤレス充電ベースでも充電でき、繰り返し使用できます。

【濡れても安心、防水IPX8相当レベル】
突然雨に降られたり、水をこぼしてしまっても安心。 EyeTagは、水が直接かかっても内部に浸水せず、使用することができます。
画像15: https://www.atpress.ne.jp/releases/386799/LL_img_386799_15.jpg
繰り返し使用できるQiワイヤレス充電式

【最大5人と共有できる】
傘や自転車、車のキーなど、家族や友達と共有して使うアイテムは、「探す」アプリでも共有するのがおすすめ!
画像16: https://www.atpress.ne.jp/releases/386799/LL_img_386799_16.jpg
最大5人と共有が可能
みんなで追跡して探すことができます。

【4ステップで簡単登録】
iPhoneの「モバイルデータ通信」、「Bluetooth」、および「位置情報」をオン。 iPhone上で「探す」アプリを開き、「持ち物を追加」をクリック。
画像17: https://www.atpress.ne.jp/releases/386799/LL_img_386799_17.jpg
4ステップで簡単登録

【プレゼントにも最適】
パッケージは、プレゼントにも最適なマグネティックジュエリーBOXを採用。
画像18: https://www.atpress.ne.jp/releases/386799/LL_img_386799_18.jpg
パッケージは、プレゼントにも最適なマグネティックジュエリーBOXを採用

高品質な製品だからこそパッケージにもこだわりを。
ご家族や職場の方へのプレゼント、お子さんへの入学祝いなどにもおすすめです!


■商品詳細
画像19: https://www.atpress.ne.jp/releases/386799/LL_img_386799_19.jpg
商品詳細

商品名 :EyeTag
素材 :TPE
カラー :ブラック
ワイヤレス距離 :50m
防水レベル :IPX8準拠
バッテリー容量 :100mAh
充電 :Qiワイヤレス充電
(バッテリー残量がゼロの状態で充電し、1.5時間程度で完了)
動作時間 :約1年(※使用状況により異なる)
プラットフォーム:iOS
その他 :MFI(Apple Find My)認証取得、Apple U1 ICチップ搭載、
Apple「探す」対応

【Cardタイプ】
サイズ:縦54×横86.5×1.7mm
重さ :13.5g

【Keyタイプ】
サイズ:縦33.3×横47.5×3.3mm
重さ :11g


■クラウドファンディング概要
名称 : EyeTag|超薄型・コンパクト。
Qi(ワイヤレス)充電可能な紛失防止タグ
開催期間 : 2月29日(木)11:00~ 4月25日(木)23:59
目標金額 : 30万円
お届け時期: 6月中旬を目処としたご支援順のお届け
URL : https://kibidango.com/2523

【リターン】
超早割価格 2個セット 7,590円(税込)50セット限定 37%OFF
早割価格 2個セット 5,000円(税込)100セット限定 33%OFF
特別価格 10個セット 35,000円(税込)42%OFF
特別価格 5個セット 18,980円(税込)37%OFF
特別価格 2個セット 8,500円(税込)29%OFF
特別価格 1個 4,490円(税込)25%OFF


■会社概要
会社名 : 浜田電機株式会社
所在地 : 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-9-4
代表者 : 代表取締役社長 浜田 健太郎
創業 : 昭和23年9月
事業内容: 制御装置製品・パソコン周辺機器・スマートフォンアクセサリの販売
HP : https://www.hamada-dk.com/index.html

【商品に関するお問い合わせ】
https://www.hamada-dk.com/contact/index.html


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

麻生自民副総裁、トランプ氏とNYで会談 米大統領選

ビジネス

米テスラ、新型モデル発売前倒しへ 株価急伸 四半期

ビジネス

中国当局、地方政府オフショア債への投資を調査=関係

ビジネス

TikTok米事業継続望む、新オーナーの下で=有力
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 2

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の「爆弾発言」が怖すぎる

  • 3

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 4

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 5

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 6

    「なんという爆発...」ウクライナの大規模ドローン攻…

  • 7

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 8

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 7

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 8

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 9

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中