プレスリリース

道の駅で全国初!(※)「道の駅果樹公園あしがくぼ」にて屋外設置型ベビーケアルームの実証実験を開始

2023年12月04日(月)14時00分
株式会社ハマネツ(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:河藤 一博)は、Trim株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:長谷川 裕介)との共同開発製品である屋外用ベビーケアルーム(以下:屋外用mamaro(仮称))を埼玉県横瀬町の「道の駅果樹公園あしがくぼ」に設置し、2023年12月14日(木)より実証実験を行います。
※当社調べ

屋外用mamaro(仮称)は、当社が持つ屋外ユニット技術とTrim社が持つ屋内用ベビーケアルーム「mamaro(TM)」のノウハウを融合して開発した製品です。今回の取り組みは、横瀬町(町長:富田 能成)が提供する"まちづくりの実践や実証試験などができるチャレンジのフィールド"「よこらぼ」の採択により、設置期間1年を予定しています。道の駅のベビーケアニーズや長期設置としての実証実験を行い、製品化に向けて検証します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/377808/LL_img_377808_1.png
屋外用mamaro(仮称)外観イメージ

■背景と概要
国土交通省より※「高速道路のサービスエリアや国が整備した道の駅における子育て応援の今後の取組方針」のとりまとめが2018年に発表されましたが、全国にある道の駅のベビーケアルームの整備状況はまだ充分とは言えず、課題の1つとして「施設内に授乳やおむつ交換等を行う場所やTrim社の従来製品である「mamaro(TM)」を設置するスペースが確保できない」ということがあります。
こうした課題を受け、「屋外用mamaro(仮称)」が誕生しました。室内には手前に倒すとおむつ交換用ベッドになり、お子さまの体重測定も可能な授乳ソファと、利用される方が快適に過ごせるように室内用エアコンを装備し、内側から施錠可能な完全個室型屋外ベビーケアルームを実現しました。

※国土交通省:サービスエリアや「道の駅」における子育て応援の今後の取組方針
https://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_001081.html


■道の駅果樹公園あしがくぼ
季節に応じた観光スポットやアクティビティが満載で、一年を通して様々な魅力を楽しめます。西武秩父線の芦ヶ久保駅に直結しているため、電車でのアクセスもよいハイブリッド道の駅として多くの人々に愛されています。

所在地:埼玉県秩父郡横瀬町大字芦ヶ久保1915-6
https://michinoeki-ashigakubo.com/


■屋外用mamaro(仮称)の特徴
サイズ:幅2.1m×奥行1m×高さ2.2m(鍵付、エアコン標準装備の完成品ユニット)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

原油先物上昇、ガザ停戦協議が複雑化

ワールド

米上院、政府閉鎖回避へつなぎ予算案可決 大統領署名

ワールド

NZ中銀、制約的な政策を当面維持する必要=副総裁

ビジネス

午前の日経平均は急反発、一時700円超高、半導体株
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 2

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒーロー」ナワリヌイの正体

  • 3

    ゾンビ映画の父ジョージ・A・ロメロは「ホラーで社会風刺」にも成功した

  • 4

    NATO軍とロシア軍がウクライナで直接衝突する可能性…

  • 5

    ロシアの脅威を知り尽くしたスウェーデンがNATOを強…

  • 6

    「ボストンを変えた」交響楽団に音楽監督として乗り…

  • 7

    経済が下向きな上、政府は理不尽──外国人投資家が歴…

  • 8

    仏大統領のウクライナ派兵巡る発言、NATO諸国に…

  • 9

    生涯賃金から見える日本の学歴格差、男女格差、地域…

  • 10

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 4

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 7

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 2

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 3

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 4

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中