プレスリリース

映像と共に楽しむ、新感覚クラシック・コンサート 絵本仕立ての演奏会『少年の魔法の角笛』を京都市で開催

2023年12月04日(月)12時30分
コンサート企画を行う音音工房合同会社は、京都市の青山音楽記念館バロックザールにて、絵本仕立ての演奏会『少年の魔法の角笛』を2024年1月27(土)に開催します。
また、上演資金を募るクラウドファンディングを2023年12月15日(金)まで行なっております。
https://motion-gallery.net/projects/tsunobue_ehon

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/377469/LL_img_377469_1.png
絵本仕立ての演奏会『少年の魔法の角笛』

プロジェクション・マッピングで、ホールが絵本に大変身!ドイツのマザーグースと呼ばれる民謡集『少年の魔法の角笛』の詩による、グスタフ・マーラー作曲の歌曲を16曲を選び、「昔あるところの男女、動物たち」のストーリーを作りました。絵本をめくるように展開するユニークなクラシック・コンサートを京都市で開催します。


【公演詳細】
・タイトル : 絵本仕立ての演奏会『少年の魔法の角笛』
・開催日時 : 2024年1月27日(土)18:00開演(17:30開場)
・開催場所 : 青山音楽記念館バロックザール
(京都府京都市西京区松尾大利町9-1)
・チケット料金(税込) : S席 5,000円/A席 4,000円/B席 3,000円
: ★SSペア席 18,000円(クラウドファンディングで販売)
・チケット販売サイト : https://teket.jp/6264/25530
・主催・お問合せ : 音音工房
Email otonekobo@gmail.com
HP https://www.otonekobo.com
・後援 : 京都市
・出演者・スタッフ : 花房英里子(メゾ・ソプラノ)
...奈良県出身・京都市立芸術大学主席卒業
森寿美(バリトン)
朴令鈴(ピアノ・企画構成)
・プロジェクション・マッピング: 荒井雄貴
・絵 : まつむらまいこ
...奈良県出身・京都精華大学


『少年の魔法の角笛』は、ドイツのマザーグースと呼ばれる名もなき人々の民謡集で、生活・愛・動物・自然・死・戦争・神様という、人間と自然の営みが描かれています。
クラシック音楽はお堅い、難しい、というのは定評ですが、「大編成のオーケストラ作品で有名なマーラーが作曲したクラシックの歌曲」と聞いて、誰がこんな平易な内容を扱っていると思うでしょうか?さらに、歌詞はドイツ語です。そこで、「〇〇童話」のようにひと目でわかるような絵本にしてしまおう、と考えました。
プロジェクション・マッピングで大きく映し出された美しい絵本の世界と共に、マーラーの音楽を、クラシック「通の方」にも「疎い方」にも楽しんで頂きたいと思っています。

※より詳しくはクラウドファンディングサイトにて紹介しています。
https://motion-gallery.net/projects/tsunobue_ehon


【会社概要】
音音工房合同会社
所在地: 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-34-5 6階
サイト: https://www.otonekobo.com
設立日: 2023年4月20日
代表 : 朴令鈴(ぱくりんりん)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:ウクライナ陸軍の著名部隊、隊列強化へ独自

ワールド

中国の過剰生産能力による世界経済への悪影響を懸念=

ワールド

アングル:太陽光発電大国オーストラリア、さらなる普

ビジネス

米国株式市場=S&Pとダウ再び最高値、エヌビディア
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 6

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 7

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中