プレスリリース

業界初・葬儀場への無料僧侶派遣6月25日(日)から開始

2023年07月03日(月)15時45分
宗教法人 圓明院(読み「えんみょういん」、住職:鈴木 敞道)は、院内の葬儀場「さくらホール」(所在地:千葉県君津市、運営:合同会社 メモリアル企画)で、2つの葬儀プラン「シンプル葬」「まごころ直葬」に無料で「僧侶の読経」を追加できるサービス(以下:当サービス)を2023年6月25日(日)から開始しました。圓明院会員制度「洗心会」会員限定のサービスです(会員登録料・会費無料)。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/360101/LL_img_360101_1.jpg
圓明院の僧侶たち。人の臨終に際してお経を唱えて見送ることの大切さを伝える。

「シンプル葬」「まごころ直葬」サービス公式ページ: https://sensin.net/kazokusou/


■サービス開始の背景
団塊の世代約800万人全員が75歳以上となり、後期高齢者が日本人の2割近くを占める「2025年問題」が間近に迫っています。高齢者の数がピークになる2040年に向けて、死亡者数は増加していく一方だと見込まれています。
多死時代とも言われる昨今の葬儀事情は、「直近の親族で火葬だけ行って片付ける」という安易な形式を選択する方が非常に増えています。宗教的な儀式を伴い「親戚縁者が多く集まり、最後の見送りをする」という形式は減りました。これは、少子化で核家族化が進み、親戚・縁者の親交も薄れ、義理と言われる付き合いも途絶えたことが背景にあります。

圓明院は、昨今の習慣が一般的になっていくことを危惧しています。葬儀・供養は、感謝の念を手向ける大事な機会です。人が、多くの方々の縁や支えのお陰に気づく場でもあります。特に団塊世代は、明治・大正生まれの両親、つまり「家業や相続財産などの先祖代々にわたり継承するものを守るため、部落制度やしきたりの中で生活をしてきた両親」のもとで暮らしてきたため、「死んだら当然、坊さんがお経を上げて葬儀を営むもの」との認識を持っている方々です。一方、その喪主となる世代は、家業を持たず、相続財産は平等に分けるという時代に育ち、儀式やしきたりとは縁が遠い方々です。
儀式が簡略化していくのは時代として当然ではあるものの、圓明院は、せめて私どもの出来る読経供養にて最後のお別れをさせてあげたいとの思いから、当サービスの開始を決めました。

当サービスは、寺院である圓明院と葬儀場を運営するメモリアル企画が現代の葬儀の事情を憂い、魂の安穏を願う思いから実現しました。これは圓明院とメモリアル企画のコラボだからこそ出来る企画で他社では類を見ません。

圓明院は、多くの方が当サービスを利用して、心置きなく最後の別れを過ごしていただきたいと考えております。


■無料僧侶派遣サービス概要
圓明院内にある葬儀場「さくらホール」にて、対象の葬儀プラン内に無料で「僧侶の読経」を追加できます。

対象者 : 圓明院会員制度「洗心会」会員限定(登録料・会費無料)
対象葬儀プラン: 「シンプル葬」および「まごころ直葬」の
「僧侶の読経」追加料金無料
場所 : 葬儀場「さくらホール」
(〒292-0401 千葉県君津市山本1535 圓明院内)
アクセス : 神奈川県から「川崎浮島」JCより30分/
館山自動車道「市原姉崎」IC、および
「木更津北」ICよりそれぞれ15分/
首都圏中央連絡自動車道(圏央道)「木更津東」ICより
3分(1.2km)
問合せ・申込み: 0120-80-4194(さくらホール)※24時間365日受付
URL : https://sensin.net/kazokusou/

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/360101/LL_img_360101_2.jpg
シンプル葬
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/360101/LL_img_360101_3.jpg
まごころ直葬

■葬儀場「さくらホール」での「シンプル葬」「まごころ直葬」について
葬儀場「さくらホール」では、「どんなお別れの式でもお坊さんのご同行を」との思いを大切にしています。お経を唱えることの大切さを伝えながら、皆様に安心してお別れを迎えていただけるようお手伝いさせていただきます。

「シンプル葬」は、最もシンプルな火葬式です。総額税込8.0万円~と安価ですが、出棺前にお別れの時間をゆっくり取ることが出来ます。たとえば、永代供養と組み合わせたプランを選択すれば宗教にこだわることなく安価で永代供養墓地に埋葬できます(税込10万円~)。即日納骨も可能です。
「まごころ直葬」は、一般的な火葬式ですが、式場から出棺できるように工夫しており、お坊さんがお経を唱える中でゆっくりとしたお別れが出来るプランです(税込14.8万円~)。

一般的には、火葬式などの安価な葬儀は遺体安置所での面会は叶わないばかりか、出棺の際のお別れも出来ないケースが多く見受けられます。
しかし、私どもはそのようなケースでも、最後のお別れは、斎場にて読経をし、お花入れなどするお時間をゆっくり取っての出棺するように心がけております。
地域の方々との密な関係を築きながら、亡き人との最後のお別れを心温まる形で送ることが出来るよう心から願っています。

葬儀場「さくらホール」URL: https://sensin.net/kazokusou/


■法人概要
法人名: 宗教法人 圓明院 (えんみょういん)
所在地: 千葉県君津市山本1535
住職 : 鈴木 敞道
URL : https://sensin.net/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日経平均は反落、一時700円超安 米利下げ観測後退

ワールド

英総選挙、野党のリードが小幅に拡大 投票日決定後初

ワールド

中国軍事演習2日目、台湾周辺で「権力奪取能力を検証

ワールド

英への移民流入、昨年は68.5万人 過去最多の前年
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 2

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレドニアで非常事態が宣言されたか

  • 3

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 6

    韓国は「移民国家」に向かうのか?

  • 7

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 8

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 9

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 10

    国公立大学の学費増を家庭に求めるのは筋違い

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 6

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 7

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 8

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中