プレスリリース

「東京都のネギラーメンの名店」ランキング1位獲得!亀有の和歌山ラーメンまる岡、ネギが主役のラーメンが大人気

2023年01月25日(水)15時45分
和歌山ラーメンまる岡(所在地:東京都葛飾区、代表:岡部剛太)は、リサーチ系メディアのアンケートで2022年の「東京で人気のねぎラーメン」1位に選ばれました。2023年1月25日(水)から和歌山県の郷土料理、めはり寿司の販売を開始します。

和歌山ラーメンまる岡 HP = https://www.ramen-maruoka.com

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/343274/LL_img_343274_1.jpeg
九条ネギたっぷりのねぎラーメン

【冬に食べたい!どんぶり一面が緑のねぎラーメン】
寒い冬に食べたくなる温かいラーメン。東京にいながら、現地の味を楽しめるとご当地ラーメンが人気です。今注目を集めているのは和歌山ラーメン。和歌山県は、魅力度アップ率、GWの旅行予約者数伸びしろランキング、宿泊旅行総合満足度などで全国1位に選ばれるなどで話題になっています。

当店は、そんな人気の和歌山県のラーメンが東京で食べられる数少ないお店です。オープンした年の東京ラーメン・オブ・ザ・イヤーで新人賞を獲得、2022年の「東京で人気のねぎラーメン」では1位に選ばれました。一押しメニューは和歌山県で行列の出来る人気ラーメン店まるイと同じレシピで同じ味のねぎラーメン。1日約50杯売れており、平日でもお昼時は満席になる程の人気です。

このねぎラーメン、驚くのがねぎの量。どんぶり一面が緑色で麺が見えないほど多量に盛られています。朝採れ九条ネギは12月~2月が旬で、甘みが強くシャキシャキした食感が特徴です。その下にはチャーシューともやしが隠れています。「醤油香る最強トン骨」と名付けられたスープは豚骨独特の獣臭が全くなく濃厚で、中細ストレート麺にしっかりと絡みます。こだわりのチャーシューはとろっとろだと人気、脂身が苦手な方にはチャーシューを炙るサービスも行っています。ネギには血行促進、疲労回復、殺菌作用、免疫を高めるなど、冬に嬉しい効果がたくさんあります。


【10年かけて和歌山の味を東京に】
お客様からは「ネギは嫌いだったが、甘くて美味しかったので食べられた」「これでもかとネギが盛られたラーメンはインパクト大」「和歌山の有名店と同じラーメンが食べられて感激した」などの感想をいただいています。

和歌山のご当地ラーメンを提供しながらも、実は店の代表は和歌山とゆかりはなく、それどころかラーメン自体が苦手でした。ゴム製造会社を営む岡部が出張で和歌山を訪れた際に、地元の人に美味しいからと連れて行ったもらったまるイの味に感激したのがきっかけです。その味に魅了され、和歌山滞在中は毎日のように通っていました。「この味を東京でも広めたい!」とまるイに頼み込み自社の社員2名を半年間修業させ、構想から約10年かかって2019年4月に「和歌山ラーメンまる岡」を亀有にオープンしました。オープン当初からラーメン官僚が訪れるなど、人気になっています。


【和歌山の郷土料理、めはり寿司の販売を開始】
当店では和歌山県の郷土料理である、めはり寿司の販売を1日20個限定で2023年1月に開始しました。和歌山のラーメン店には、ラーメンが出来るまでの間やラーメンと一緒に食べられるように早寿司や巻き寿司などが置いてあります。めはり寿司は、高菜浅漬けの葉で包んだ握り飯。中には季節によっていろいろな具材が入ります。ソフトボールくらいの大きさがあり、名前の由来は「目を張るように口を開ける」「目を見張るほどに美味しい」という説があります。さっぱりした味のめはり寿司は、濃厚な醤油豚骨スープとの相性も抜群です。


《和歌山ラーメンまる岡 店舗概要》
所在地 : 東京都葛飾区亀有5-20-14
アクセス : JR常磐線 亀有駅北口 徒歩4分
電話 : 03-5856-3358
営業時間 : 11:00~18:00
定休日 : 火曜日
Instagram: https://www.instagram.com/maruoka425/?hl=ja


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

政府方針と相いれず、任命責任感じる=荒井前秘書官発

ビジネス

カーライル、新CEOに元ゴールドマン幹部シュワルツ

ワールド

原油先物は小幅上昇、IEA事務局長が中国の需要回復

ワールド

中国コロナ関連死者、2日までの1週間で3278人=

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 2

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人のアピール下手の話

  • 3

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた牧師は彼女をどうしたか

  • 4

    「最も売れた女性カントリー歌手」が、初のヌードに…

  • 5

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 6

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 7

    トップレスの女性が教会に現れ、大暴れ...キリスト像…

  • 8

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て…

  • 9

    写真家にも愛された、ダイアナ妃のドレスがオークシ…

  • 10

    「すごくダサい」「神」 極小ビキニで雑誌の表紙を飾…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 6

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 9

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中