プレスリリース

新松戸に新規開設!※千葉県松戸市民対象※ PCR検査助成金事業参入のお知らせ【MYメディカルクリニック】

2022年08月18日(木)14時15分
東京都・神奈川県で「MYメディカルクリニック」を展開する医療法人社団MYメディカル(法人所在地:東京都渋谷区、理事長:水谷 佑毅)は、千葉県松戸市のPCR検査助成金事業に参加しており、この度新松戸駅前にPCRセンターを2022年8月12日に開設しましたのでお知らせいたします。
新型コロナウイルスと共存しなければいけない生活の中、無料PCR検査で皆様の不安を少しでも解消できればと思います。皆様のご来院をお待ちしております。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/321908/LL_img_321908_1.jpg
スタッフ写真

■松戸市のPCR検査助成金事業について
●実施期間
当面の間は実施しております。

●検査費用
無料
※対象者以外の方も自由診療として、10,000円(税込)で検査可能でございます。
※自由診療の場合、保険適用外となりますのご注意下さい。

・スピード結果プランについて
→+5,000円で検査結果発行は【翌日中】にお出しすることも可能です。
※受付時間の指定はなし
※スピードプランを選択された場合は、検査料金及びスピード料金費用は償還払いとなります。

・陰性証明書に関して
検査陰性証明書:2,000円(税込)

●無料回数
1人あたり月2回まで
※これまで実施している上限2万円を助成する検査と、 窓口負担が無料となる検査を通算して、月2回までとなります。

●検査方法
PCR検査(唾液)
※自由診療の場合も同様の検査内容となります。

●対象者
発熱などの症状の無い方で、下記に該当する方
1. 松戸市民の方
2. 市外在住で、市内に所在する教育・保育・介護・障害福祉サービス施設に勤務する方

●必要書類
1の方:本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証、介護保険証など、 氏名・生年月日・住所が確認できるもの)
2の方:本人確認書類および在籍証明書(市様式)※松戸市のホームページに様式を掲載しています。
※陽性の場合は感染症法に基づきコロナ感染者として保健所に報告をいたしますので、規定の療養期間が生じる可能性があります。

詳しくは下記URLをご参照ください。松戸市ホームページ
https://www.city.matsudo.chiba.jp/kenko_fukushi/kansenshou/PCRjosei.html#PTOP

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/321908/LL_img_321908_2.jpg
新型コロナPCRセンター 新松戸駅前店

■実施場所について
●新型コロナ駅前PCRセンター新松戸駅前
JR常磐線 新松戸駅 徒歩3分

●アクセス
所在地:千葉県松戸市新松戸4丁目5-5 川津産業ビル1階

●受付時間
8:00~20:00(月~日)

●お問い合わせ
時間:9:00~17:00
TEL :080-3342-9553

●MYメディカルクリニックのPCR検査について
当院で実施しているPCR検査は下記の順序で検査を行います。

1. 検査を受ける場所に受検者本人がお越しください。
2. 二次元バーコードを読み取り検査申請フォームに必要事項を入力してください。※その際、本人確認のため住所・年齢等の確認できる身分証明書が必要となります。
3. 同意書、予診票などを記入します。
4. 検査を受検します。
5. 検査結果を数日後にメールでお知らせします。※陽性の場合は、医療機関や保健所の指示に従ってください。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/321908/LL_img_321908_3.jpg
全体写真

【法人概要】
商号 : 医療法人社団MYメディカル
代表者: 理事長 水谷 佑毅
所在地: 東京都渋谷区宇田川町20番17号 NMF渋谷公園通りビル5階
設立 : 平成2年10月2日
URL : https://mymc.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-イスラエル、ガザ南部で軍事活動を一時停止 支

ワールド

中国は台湾「排除」を国家の大義と認識、頼総統が士官

ワールド

米候補者討論会でマイク消音活用、主催CNNが方針 

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、22年1月以来の低水準
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中