プレスリリース

ユビキタスAI、ルネサス社の最新プロセッサ RZ/T2Mグループに対応したマルチコア向け「TOPPERS-Pro/FMP3」を6月7日に販売開始

2022年06月07日(火)12時00分
株式会社ユビキタスAIコーポレーション(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長谷川 聡、以下「ユビキタスAI」)は、マルチコア向け商用リアルタイムOS「TOPPERS-Pro/FMP3」が、ルネサス エレクトロニクス株式会社(以下「ルネサス社」)の最新マイクロプロセッサRZ/T2Mグループに対応し、2022年6月7日に販売開始したことを発表します。

IIoT(Industrial IoT)やIndustry4.0が広まるにつれ、生産工程や流通工程など上流のデジタル化だけでなく工作機械や産業用ロボット、製造装置といった生産設備・生産ラインなどもネットワーク接続されるようになっています。近年では一般に普及しているイーサネットをベースに、これらに求められる機能を追加した産業用イーサネットと呼ばれるネットワークも多く使われています。

ルネサス社の最新プロセッサであるRZ/T2Mは、Arm(R) Cortex(R)-R52コアを2つ搭載したマルチコア構成で、高速かつ高精度なモーターのリアルタイム制御と、最新の産業ネットワーク通信を1チップで実現し、機能安全処理にも対応します。

一般的にはRZ/T2Mを使う場合、モーター制御と産業ネットワーク通信処理がそれぞれ分離・独立した構成を取るため、一方のシステムが他方のシステムへ影響を与えることなく安全性の高いシステムが構築しやすいという特長を持ちます。半面、相互の関係が疎となっているため相互に通信したり、同期を取ったりするような処理を行う場合、特別な手法が必要となります。また、マルチコア/マルチOSのシステムとなるため、システムが複雑になりデバッグも難しくなります。

TOPPERS-Pro/FMP3は、シングルコアで1つのリアルタイムOSを動かすのと同様の使い方でマルチコアを意識せずにコアを跨いだタスク間通信や同期が行えます。またそれぞれの処理が1つのOS上で動作しているため、デバッグが容易です。さらにTOPPERS-Pro/FMP3はμITRON仕様のリアルタイムOSなので、既存システムからの移行、従来資産の流用、技術者の確保が容易、という利点もあります。


■RZ/T2M対応TOPPERS-Pro/FMP3の概要
名称 : TOPPERS-Pro/FMP3
販売開始日 : 2022年6月7日(火)
価格 : 開発ライセンス 960,000円~
製品ページURL: https://www.ubiquitous-ai.com/products/TOPPERS-ProFMP3/


■主な特長
・RZ/T2Mに対応済み
Renesas Starter Kit+ for RZ/T2Mで動作確認済みのため、すぐに利用開始可能
・SMP型リアルタイムOS
SMP型のリアルタイムOSのため、ユーザーはマルチコアを意識することなくシステム構築可能。また、用途に応じてAMP構成にも対応可能
・μITRON仕様準拠
国内でもっとも普及しているμITRON仕様に準拠し、既存システムからの移行、従来資産の流用、技術者の確保が容易


<お見積もり・お問い合わせ窓口>
sales@ubiquitous-ai.com


■ルネサス エレクトロニクス株式会社 インダストリアルオートメーション事業部 事業部長 坪井 俊秀氏のコメント
「長い歴史と多くの実績を持ち、ルネサスの最も信頼できるパートナーの一社であるユビキタスAIのTOPPERS-Pro/FMP3が、いち早くルネサスの最新プロセッサであるRZ/T2Mに対応したことを喜ばしく思います。マルチコア搭載のRZ/T2Mのシステムはソフトウェア構成も複雑になるため、ソフトウェアパートナーのサポートが重要です。今回の対応が、お客さまの開発の大きな助けになることに期待します。」


■株式会社ユビキタスAIコーポレーション 代表取締役社長 長谷川 聡のコメント
「マルチコアやマルチOSを使ったシステムを構築する場合、シングルコア/シングルOSのシステムとは違い考慮しなければならない課題が多く発生します。ユビキタスAIでは、このたびの高性能RZ/T2MへのTOPPERS-Pro/FMP3適用のように、お客さまの複雑なシステム設計を簡素化し、市場投入までの期間を短縮する商用リアルタイムOS製品を提供してまいります。また製品の販売だけでなく、多くの経験に基づいた技術サポートも併せて提供し、お客さまの製品開発の効率化に貢献します。」


ユビキタスAIでは、今後もTOPPERS-Proの機能強化や対応プロセッサの拡充を行い、顧客製品の高機能化、高信頼性化および市場競争力の強化に貢献してまいります。


■「TOPPERS-Pro/FMP3」について
ユビキタスAIが提供するTOPPERS-Proシリーズは、NPO法人TOPPERSプロジェクトが開発したμITRON仕様のオープンソースカーネル「TOPPERS」をベースに、ユビキタスAIが開発・販売する商用リアルタイムOSソリューションパッケージです。IoT機器、スマート家電から産業機器まで幅広い分野での採用実績があります。マルチコア対応の「TOPPERS-Pro/FMP3」は、SMP(対称型マルチプロセッシング)型のソフトウェア構成を取ることができるのが大きな特長です。

URL: https://www.ubiquitous-ai.com/products/TOPPERS-ProFMP3/


■株式会社ユビキタスAIコーポレーション(証券コード:3858)について
ユビキタスAIコーポレーションは、組込み機器向けを中心としたソフトウェアの開発・ライセンス、および海外製ソフトウェアの輸入販売を行う企業です。ユビキタス社会に必要とされる、ネットワーク関連(ホームネットワーク関連・暗号技術を含む)、データベース、システムの高速起動技術、各種テストツールなど、多数のソフトウェアとサービスを提供しています。他と差別化された製品群で、ユビキタス社会の要請に応えます。

本社所在地: 東京都新宿区西新宿1-21-1 明宝ビル6F
URL : https://www.ubiquitous-ai.com/


■投資家の皆様へ
本プレスリリースは、ユビキタスAIコーポレーションの定性的な業務進捗をお知らせするためのものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。当社業績・経営指標の進捗・予想に関しては、取引所開示情報である、決算短信などをご参照ください。


※本リリースに記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。
※本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:年々威力増すハリケーン、気候変動の影響を

ワールド

米副大統領、台湾と非公式関係深化へ 海峡での挑発で

ビジネス

証券監視委、SMBC日興に行政処分勧告 相場操縦巡

ビジネス

焦点:政府と日銀に齟齬か、介入で憶測 いずれ緩和修

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中