プレスリリース

京セラみなとみらいリサーチセンターに「ローカル5G共創ルーム」を開設

2022年04月11日(月)14時15分
京セラ株式会社(代表取締役社長:谷本 秀夫)は、ローカル5Gシステムによる高速大容量通信を体験できる「ローカル5G共創ルーム」を、本年4月12日(火)に当社みなとみらいリサーチセンターに開設します。
当社のローカル5G共創ルームは、ローカル5Gシステムを紹介する「展示ルーム」と、高速大容量通信を体験でき、各パートナー様と共創活動ができる「共創ルーム」で構成され、オープンイノベーションを活性化する環境を提供します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/305588/img_305588_1.png
ローカル5G共創ルーム内の「展示ルーム」
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/305588/img_305588_3.png
京セラ製ローカル5Gシステム
■ローカル5G共創ルーム概要
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/305588/table_305588_1.jpg

※展示ルームの展示内容については予告なく変更となる可能性がございます。

■ローカル5G共創ルームについて
当社のローカル5G共創ルームは、ローカル5Gについて知りたい、デモを見てみたい、といった対応から、それぞれの課題を解決するための共創活動まで、幅広く対応いたします。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/305588/img_305588_2.png
京セラ製ローカル5Gシステム利用イメージ
【特長】
1.展示ルーム
京セラ製ローカル5Gシステムは「安定性」「設置性」「柔軟性」「堅牢性」が高く、ネットワーク通信におけるさまざまな課題を解決します。また、基地局本体の実物を展示していますので、システムのコンパクトさから導入イメージもご確認いただけます。

2.共創ルーム
ローカル5Gシステムを利用したソリューション開発や研究が行える共創環境および、4K映像のストリーミングなどローカル5Gを体験できるデモ環境を用意しています。

■ローカル5Gとは
ローカル5Gは、企業や自治体などがその建物内や敷地内など、特定のエリアに構築できる5Gネットワークです。高速大容量通信や低遅延、多数同時接続といった5Gの特長を生かしながら個別のニーズに合わせてカスタマイズを行うことや、安全で安定したネットワークを構築することができることから、製造業やサービス業など、幅広い分野での活用が期待されています。
当社では、スマートシティの実現や工場における生産性の向上など、最適なローカル5Gソリューションの展開を目的に、2021年11月にみなとみらいリサーチセンターにてローカル5G(sub6, SA方式)の免許を取得し、現在、実証実験を進めながら、ローカル5Gの事業化を目指して研究開発に取り組んでいます。今後とも京セラは、長年培ってきた通信技術でローカル5Gシステムの構築を進め、より豊かで便利な社会へ貢献してまいります。



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

〔情報BOX〕ジョンソン英首相の後任候補の顔ぶれ

ワールド

ウクライナ東部でロ軍砲撃、アパート郡など被害 少な

ワールド

ウクライナ大統領、ジョンソン氏の支援に謝意 辞任表

ビジネス

仏経済問題、政府債務負担増では対応できず=中銀総裁

MAGAZINE

特集:世界のエリートが学ぶ「権力」の授業

2022年7月12日号(7/ 5発売)

他人を動かす「パワー」は権力者の専有物でない。ハーバード大学MBAの人気講義で学ぶそのメカニズム

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】アルパカとキスしようとした女性、至近距離で唾をくらう

  • 2

    ルイ王子のやんちゃな1日、再生1800万回の大ヒット

  • 3

    生魚の寄生虫アニサキス、古今東西の日本に見る予防対策

  • 4

    【動画】女王を食ったあの日のルイ王子を一気見

  • 5

    アメリカ国民の4人に1人が不買運動を実施中 ショッ…

  • 6

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 7

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 8

    知りたくなかった......イルカはどうやって仲間を見…

  • 9

    【映像】キプロスのタランチュラ、スーツケースに紛…

  • 10

    BTSの「活動休止」は韓国若年層の悲鳴

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 4

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 5

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 6

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 7

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 8

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 9

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 10

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中