コラム

戦後のレニングラード、PTSDをかかえた元女性兵たちの物語『戦争と女の顔』

2022年07月15日(金)17時11分

1945年、戦後のレニングラードが舞台 『戦争と女の顔』(C)Non-Stop Production, LLC, 2019

<終戦直後の瓦礫の街と化したレニングラードを舞台に、PTSDに悩まされながらも、生活を再建しようともがく二人の元女性兵士の姿が描く......>

ロシアに属するカバルダ・バルカル共和国出身の新鋭カンテミール・バラーゴフ監督の長編第2作『戦争と女の顔』では、終戦直後の瓦礫の街と化したレニングラードを舞台に、PTSDに悩まされながらも、生活を再建しようともがく二人の元女性兵士の姿が描き出される。

本作を作る上でバラーゴフに大きなインスピレーションをもたらしたのは、ノーベル文学賞を受賞したスヴェトラーナ・アレクシエーヴィチのデビュー作『戦争は女の顔をしていない』だった。

500人以上の従軍女性の証言集

ソ連では第二次世界大戦に100万人を超える女性が従軍し、看護師や軍医だけでなく兵士として戦った。アレクシエーヴィチは500人以上の従軍女性にインタビューを行い、この証言集にまとめることで、男の言葉で語られてきた戦争に隠された真実を明らかにした。

バラーゴフは、そんな『戦争は女の顔をしていない』の何にインスパイアされたのか。本作の内容に話を進める前に、原案となった証言集を構成する要素の中で、本作と繋がりがあると思える二つの点に注目しておきたい。

410z98dCCNL.jpg

『戦争は女の顔をしていない』スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ 三浦みどり訳(岩波書店、2016年)


アレクシエーヴィチは、一人の人間の中にある二つの真実に言及している。それは、心の奥底に追いやられている個人の真実と、時代の精神が染みついた他人の真実で、前者は後者の圧力に耐えきれず、人間の内にある理解しがたい暗いものが、たちどころに説明のつくことになってしまう。バラーゴフは、そんな二つの真実を意識し、それらがせめぎ合い、心の奥底にあるものが炙り出されるような設定を作っている。

もうひとつは、18〜20歳で前線に出て行き、そこで4年も過ごした後では、女性としての認識が変化しているということだ。「初めてワンピースを着た時には涙にくれたものよ。鏡を見ても自分だと思えなかった。四年間というものズボンしかはいていなかったからね」、「私は二つの人生を生きてきた気がします。男の人生と女の人生を」、「私は今でも女の顔をしていません」といった証言がそれを物語る。バラーゴフも主人公の元女性兵士の中にある男性と女性を強く意識している。

本作の物語は、多くの戦傷病者が収容された軍病院で看護師として働く主人公イーヤが、発作に襲われ、放心状態で立ち尽くす場面から始まる。同僚たちは彼女の発作に慣れてしまっているらしく、誰も気にとめない。間もなく発作はおさまり、彼女は何事もなかったように業務に戻る。

イーヤはパーシュカというまだ幼い子供を育てているが、ある晩、子供とじゃれ合っている最中に発作が起こり、子供を下敷きにしてしまう。やがてイーヤの戦友だったもう一人の主人公マーシャが帰還し、イーヤを訪ねてくる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

中国、第4四半期に2.5兆元の国債発行を計画=関係

ワールド

岸田首相「今後50年見据え関係構築」、日中国交50

ビジネス

中国人民元、急落し続ける可能性は低い=政府系紙

ワールド

焦点:ノルドストリームガス漏れ、気候被害は不明も「

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 8

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 9

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 10

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中