コラム

変貌するカリフォルニア州オークランドの現実『ブラインドスポッティング』

2019年08月29日(木)16時24分
変貌するカリフォルニア州オークランドの現実『ブラインドスポッティング』

『ブラインドスポッティング』 (C)2018 OAKLAND MOVING PICTURES LLC ALL RIGHTS RESERVED

<急速に変貌を遂げるカリフォルニア州オークランドを舞台に、人種が違う幼馴染の視点が複雑に絡み合い、独特の緊張感が生み出されていく......>

サンダンス映画祭のオープニング作品として注目されたカルロス・ロペス・エストラーダ監督『ブラインドスポッティング』では、急速に変貌を遂げるカリフォルニア州オークランドを舞台に、人種が違う幼馴染の視点が複雑に絡み合い、独特の緊張感が生み出されていく。

主人公は、引越し会社で一緒に働く黒人のコリンと白人のマイルズ。ある事件(後に明らかにされる)を起こして逮捕されたコリンは、保護観察期間があと3日で終わろうとしている。だが、彼がいくら品行方正を心がけても、問題児マイルズの予想しがたい行動が招くトラブルに巻き込まれないとも限らない。

そんなときコリンは、帰宅する途中に突然トラックの前に現れた黒人男性が、追いかけてきた白人警官に背後から撃たれて死亡するのを目撃してしまう。そして、その出来事をきっかけにマイルズとの立場の違いをこれまで以上に意識するようになり、ふたりの間に軋轢が生まれる。

黒人コミュニティとジェントリフィケーション

本作でまず注目しなければならないのは、コンビで脚本と主演を担当しているダヴィード・ディグスとラファエル・カザルの存在だ。オークランド出身のディグスと同じベイエリアのバークレー出身のカザルは、高校時代からの付き合いで、それぞれにラッパー/俳優、スポークン・ワード・アーティスト/舞台脚本家という道を歩みつつ、コラボレーションを展開している。

本作ではそんなふたりが、脚本と演技を通して独自の視点からオークランドの現実を掘り下げている。そのポイントになるのは、黒人のコミュニティとジェントリフィケーション(地域の高級化)の関係だ。

60年代にブラックパンサー党が結成されたオークランドには、その歴史を受け継ぐ黒人のコミュニティがある。しかし、シリコンバレーから流れ込むマネーによってジェントリフィケーションが急速に進み、黒人が街から追い出され、残った黒人が地元住民でありながら犯罪者のように扱われるようになった。2009年にオークランドの地下鉄フルートベール駅構内で、黒人男性オスカー・グラントが、無抵抗のまま白人警官に射殺され、大問題になったことも思い出される。

「ヒップスターをやっつけろ 地元を守れ」

オークランドで育った黒人にとって、この事件や黒人のコミュニティの状況がどんな意味を持っているのかは、オークランド出身の監督ライアン・クーグラーの作品を振り返ってみるとよくわかる。

彼はこの事件を題材にしたデビュー作『フルートベール駅で』で、同じ年に生まれ、同じ土地で育ったグラントの最後の一日を通して、身近な現実を見つめている。さらに、ヒーロー・アクション『ブラックパンサー』では、アフリカの神話的かつ未来的な世界とオークランドのインナーシティの現実的な世界を結びつけ、架空の物語にオークランドの歴史や現実を巧妙に取り込んでいる。

そして本作ももちろんこの事件と無関係ではない。ディグスとカザルはこの企画を10年前から温めていて、彼らが構想を練りはじめた頃に事件が起こった。事件当時、ディグスはフルートベール駅から大して離れていない所で暮らしていた。だから事件が出発点のひとつになっているといえる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ビジネス

中国、11月輸出は予想外の減少 輸入は4月以来の増

ワールド

北朝鮮国連大使が米国を批判、非核化は「交渉から外れ

ワールド

北朝鮮、東倉里で「非常に重要な」実験成功 エンジン

ワールド

「指導者の裏切り許さない」、環境活動家グレタさんが

MAGAZINE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 3

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を虐殺した」と言い始めた中国

  • 4

    次期首相候補、石破支持が安倍首相を抜いて躍進 日…

  • 5

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 6

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 7

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 8

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 9

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 10

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 7

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 8

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 9

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 10

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 10

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!