コラム

パレスチナ自治区ガザの美容室で、戦闘に巻き込まれた女性たちの恐怖と抵抗

2018年06月22日(金)16時30分
パレスチナ自治区ガザの美容室で、戦闘に巻き込まれた女性たちの恐怖と抵抗

美容室の周辺は戦闘状態になる『ガザの美容室』

<パレスチナ自治区ガザの美容室を舞台に、戦闘に巻き込まれ、監禁状態となった女性たちを描く>

2009年に公開されたレバノン映画『キャラメル』では、ベイルートにある美容室を主な舞台に、悩みや秘密を抱える5人の女性たちの姿が描き出される。そんなドラマからは、戦争やテロなどの悲劇ばかりが注目されがちな中東の国で生きる女性たちの日常が浮かび上がってくる。

内部分裂も起きるガザ

パレスチナ映画『ガザの美容室』にも、それに通じるアプローチがある。舞台はパレスチナ自治区ガザにある美容室で、結婚式を目前に控えた女性と彼女の実母と義母、臨月の妊婦と彼女の妹、離婚調停中の主婦、女性だけの場でもヒジャブを取らない敬虔なムスリムの主婦、戦争で負傷した夫に処方される薬物に手を出し、依存症になりかけている主婦など、世代や価値観が異なる様々な女性たちが登場する。

もちろん中東とはいっても、西欧化されつつあるレバノンと、イスラエルに軍事封鎖され、イスラム組織ハマスに支配され、内部分裂も起きるガザでは、女性たちを取り巻く状況がまったく違う。

『ガザの美容室』では、美容室で陣痛が始まった妊婦のためにタクシーを呼んだその時に、店の前の通りに銃声が鳴り響き、マフィアに対するハマスの攻撃が始まる。この衝突は、2007年にハマスがガザのマフィアに対して行った掃討作戦がもとになっているという。

美容室の周辺は戦闘状態となり、女性たちは店に取り残され、異様な緊張を強いられる。この映画では、舞台をほとんど美容室の内部に限定して、そんな切迫した状況を描き出していく。

ハマスに表現が制限されるガザでの映画作り

しかし、『キャラメル』との違いは、単に女性たちを取り巻く状況だけではない。筆者が注目したいのは、監督の視点や感性だ。『キャラメル』は、女性監督のナディーン・ラバキーが、西欧と中東の文化の狭間で揺れるレバノン女性たちを描いた作品だった。これに対して、『ガザの美容室』の監督は男性、一卵性双生児の兄弟タルザン&アラブ・ナサールだ。

『ガザの美容室』は兄弟にとって初の長編になるが、彼らの経歴はその表現に様々な影響を及ぼしているように思える。

タルザン&アラブ・ナサールは1988年、ガザ生まれ。彼らが生まれたのは、ガザ地区にあった最後の映画館が閉館した1年後だった。彼らはガザにある大学で美術を専攻する。目指していたのは映画監督で、海外で映画を学ぶことを望んでいたが、ガザから出ることができず、独学で映画作りを身につけていく。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 3

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 4

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 5

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 6

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 6

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 10

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!