コラム

熱狂なき蔡英文の就任演説に秘められた「問題解決」への決意

2016年06月06日(月)16時33分

 ここから浮かび上がるのは、蔡英文という人間は、限りなく問題解決志向のリーダーであるということだ。問題解決志向のリーダーの特徴は、歴史に名前を残すということに、あまりこだわりがないことである。逆に言うと、自分のリーダーシップによって社会が改善することに喜びを見いだすタイプである。日本でいえば、宮澤喜一や池田勇人が当たるだろうか。そして、これまで台湾の指導者には、問題解決志向のリーダーは少なく、蒋介石、李登輝、陳水扁、馬英九はいずれも理念志向であった。しかし、蔡英文はその誰とも似ていない。強いて言うなら、異論はあるかもしれないが、蒋経国だろうか。エリートで他人をあまり簡単には信頼しない点は馬英九と似ているとも言われるが、理念や理想を掲げ、歴史を振り返ることが大好きな馬英九とは本質的に違っている気がする。蔡英文の演説からは「歴史観」も伝わってこない。

 確かに、台湾においては、すでに「理念の戦い」は終わった。台湾社会の最大の課題であった「台湾人とは何者か」というアイデンティティ問題については、自分は台湾人であるが中国人ではないと考える人の割合が7割を超え、「中国か台湾か」の理念上の問題は「台湾」の勝利という形で決着がついている。その台湾において、もはや理念型のリーダーは必要とされず、理念の戦いの間に放置されてきた多くの現実的課題について「大掃除」をしてくれる指導者が必要とされているのは確かだろう。

 蔡英文の演説には、歴史に残るような名言もなければ、国際ニュースのヘッドラインになるような主張もない。注目された対中政策における「92年コンセンサス」への言及にしても完全に予想の範囲内であり、「一つの中国」原則を認めろという中国の要望を、するりとかわした形であった。しかし、それで蔡英文はいいと考えているはずだ。外交、両岸では無理をしない。やるべきことは、台湾社会をより良く変革する政策なのである。

【参考記事】「台湾は中国の島」という幻想を砕いた蔡英文の「血」

対立の時代に終止符を打つ宣言

 蔡英文は演説の最後に、「イデオロギーに縛られない団結の民主」と、「社会と経済の問題に対応できる効率よい民主」、そして、「人々を実質的にケアする実務の民主」を、自分はこれから打ち立てていくと明らかにした。

 これは、台湾の民主が、対立の時代に終止符を打つことの宣言にほかならない。「グリーン=民進党」と「ブルー=国民党」の二大陣営にわかれて争ってきた総統直接選挙導入以来のこの20年に終止符を打つという表明である。

 そして、最後をこう締めくくった。

プロフィール

野嶋 剛

ジャーナリスト
1968年、福岡県生まれ。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学・台湾師範大学に留学。1992年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学の後、2001年からシンガポール支局長。その間、アフガン・イラク戦争の従軍取材を経験する。政治部、台北支局長(2007-2010)、国際編集部次長、AERA編集部などを経て、2016年4月からフリーに。中国、台湾、香港、東南アジアの問題を中心に執筆活動を行っており、著書の多くが中国、台湾でも翻訳出版されている。著書に『イラク戦争従軍記』(朝日新聞社)『ふたつの故宮博物院』(新潮選書)『謎の名画・清明上河図』(勉誠出版)『銀輪の巨人』(東洋経済新報社)『チャイニーズ・ライフ』(訳書・上下巻、明石書店)『ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち』(講談社)『認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾』(明石書店)『故宮物語』(勉誠出版、2016年5月)『台湾とは何か』(ちくま新書、2016年5月)。

ニュース速報

ビジネス

緊急宣言、6府県で2月末解除 見送りの首都圏「医療

ワールド

ミャンマー警察、拘束した邦人ジャーナリストを解放

ワールド

米、シリアの親イラン勢力を空爆 国防総省「状況悪化

ビジネス

ECB、国債利回りの目標ない 機械的な対応せず=専

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった職業、下がった職業

  • 3

    タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ記事)

  • 4

    日本の電波行政を歪めている真犯人はだれか?

  • 5

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 6

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 7

    免疫機能調整で注目のビタミンD、取り過ぎるくらいが…

  • 8

    全身が炎症を起こす新型コロナ関連の小児病MIS-Cで米…

  • 9

    医療「非」崩壊──医療現場が示す新型コロナ4つの新…

  • 10

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 4

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 5

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 6

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    対日レーダー照射だけじゃない......韓国「軍事行政…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!