最新記事
シリーズ日本再発見

「自転車と盆栽のまち」さいたま市で、遠隔制御ライトアップが生み出す地域活性化の種

2023年11月22日(水)17時00分
高野智宏
自転車レース、盆栽

写真はイメージです(左:Stefan Schurr-shutterstock、右:Pavaphon Supanantananont-shutterstock)

<盆栽美術館をライトアップするパナソニックの街演出クラウド「YOI-en」が、地域の魅力を増幅させる>

去る11月5日、120年の歴史を持つ世界最高峰の自転車レース、ツール・ド・フランスをその名に冠する「2023ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が、埼玉県のさいたま新都心駅周辺で開催された。

これは、今夏に開催されたツール・ド・フランスの総合優勝者をはじめ、各賞を獲得したトップ選手が参戦した本格的なロードレース。「クリテリウム」とは、市街地などにコースを設けて周回する方式のレースを言う。

今回で9回目の開催であり人気が定着したこともあって、会場には多くの自転車レースファンが詰めかけ、沿道から大きな声援を送った。接戦の末、スロベニアのタデイ・ポガチャル選手が優勝を飾った。

ただし今年の大会、ただの自転車レースではない。本格的なインバウンド回復を図るため観光庁が公募した「観光再始動事業」に採択された「SAITAMA Wheel 2023」のコンテンツのひとつでもあったのだ。

観光再始動事業の事業要件には「インバウンドに資する体験コンテンツ・イベント」とあり、注釈として「これまでに一度も開催されたことがない」と記されている。そしてこの要件を満たし、採択の決め手となったであろう「SAITAMA Wheel 2023」の、もうひとつのコンテンツがある。

さいたま市大宮盆栽美術館で開催中の、夜間特別ライトアップイベント「THE盆栽 小宇宙の旅」だ。

日本唯一の盆栽専門美術館で、初のライトアップイベント

さいたま市には「大宮盆栽村」と呼ばれるエリアもあり、日本の伝統産業であり文化でもある盆栽のメッカである。例年5月には「大盆栽まつり」が開催され、国内外から愛好家が集う。

今回の「THE盆栽 小宇宙の旅」は、ライトアップという通常とは異なる見せ方で、自動車レースをきっかけに訪れるインバウンド観光客を含め、より多くの人に盆栽の魅力を知ってもらうため企画された。日本唯一の盆栽専門美術館、さいたま市大宮盆栽美術館にとっても、初の試みとなるイベントだ。

さいたま市大宮盆栽美術館の夜間特別ライトアップ

ライトアップされるさいたま市大宮盆栽美術館の庭園

ライトアップシステムとして導入されたのは、照明器具のリーディングカンパニーであるパナソニックの「YOI-en(ヨイエン)」である。

ライトアップは通常、現場で照明を制御する必要があるが、同社が「街演出クラウド」と呼ぶこのシステムは、インターネット経由で遠隔地から制御できる。広域・多拠点にわたる多彩な照明演出も可能な、「街あかり」のクラウド型サービスだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米年内利下げ回数は3回未満、インフレ急速に低下せず

ワールド

イラン大統領ヘリ墜落、原因は不明 「米国は関与せず

ワールド

ICC、ネタニヤフ氏とハマス幹部の逮捕状請求 米な

ビジネス

FRB副議長、インフレ低下持続か「判断は尚早」 慎
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 2

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 7

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 10

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた異常」...「極めて重要な発見」とは?

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 6

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 10

    プーチン5期目はデフォルト前夜?......ロシアの歴史…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中