最新記事
シリーズ日本再発見

日本人だからこそ描けた物語...「本当の日本」が世界の心に刺さったアニメ『ONI』

An Authentic Voice of Japan

2022年11月10日(木)18時01分
ロクシー・サイモンズ
『ONI~神々山のおなり』

おなり(手前)は父なりどんと暮らすおてんば娘 COURTESY OF NETFLIX ©2022

<妖怪や神々の世界を舞台に少女の成長を描く『ONI~神々山のおなり』は、ピクサー出身の2人が興したアニメスタジオの夢の結晶>

正真正銘の日本の声を届けたい──。

アニメ『ONI~神々山のおなり』(ネットフリックスで配信中)を作るに当たり、堤大介監督が強く抱いたのはそんな思いだった。

10月21日に配信を開始した『ONI』は、ヒーローになって悪い鬼を退治したいと奮闘する少女おなりが主人公(声の出演は英語版がモモナ・タマダ/日本語吹き替え版は白石涼子)。

日本の民話や神話がベースなだけあって、天狗やかっぱや雷神が脇を固める。おなりが住む村は鬼の襲来に脅かされ、子供たちは自分のスーパーパワーを目覚めさせようと日々修行に励んでいる。

ハリウッドの視点に合わせるのではなく、可能な限り日本人らしい物語を紡ぎたかったと堤は語る。

「この業界に入って二十数年。生まれも育ちも日本の僕は、アメリカで外国人として、日本人としてアニメの仕事をしながら、いつか日本の文化をテーマに作品を作りたいと夢見ていた。日本で育った人間の目を通し、ハリウッドではなく日本人の声を通して語られる作品がもっとあっていいと思う。そうした企画にネットフリックスが関心を示してくれたときは本当に興奮したし、心から感謝している」

堤と共にエグゼクティブプロデューサーを務めるのが、日系アメリカ人のロバート・コンドウ。2人が日米を拠点にアニメスタジオ「トンコハウス」を立ち上げたのは2014年のことだ。それまで2人はピクサーのアート部門で『トイ・ストーリー3』や『モンスターズ・ユニバーシティ』といったヒット作を手掛け、その経験を生かそうと独立。初の共同監督作『ダム・キーパー』は、15年のアカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされた。

コンドウによれば『ONI』の制作はアニメの世界的大手であるピクサーの頃とはスケールが違う一方で、共通点も多かった。「根っこの部分は似ていた」と、彼は言う。

「キャラクター中心」の作品作りはピクサー譲り

「ピクサーを退社するとき、僕たちはいわば彼らの教科書を何ページか破り取って失敬した。その1つが、キャラクター中心の作品作りだった。スタッフがキャラクターと波長を合わせ、自分たちにしか伝えられない物語の意義を掘り下げる姿勢も、ピクサー譲りだ。キャラクターとスタッフと声優の波長が合うまで、たっぷり時間をかけた」

「アニメ、とりわけテレビアニメはスクリーンに映るもの全てが手作業。だからこそ美術や照明や一つ一つの場面を通して、観客の共感を呼ぶ世界を一からつくることができる。その点もピクサーと変わらない」

トンコハウスが目指すのは「シンプル」なキャラクターだが、おなりや父親のなりどん(クレイグ・ロビンソン)や天狗(ジョージ・タケイ/井上和彦)の肉付けにはかなり苦心したと堤は振り返る。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散

ビジネス

USスチール株主総会、日鉄による買収計画を承認 9
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 8

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 9

    『オッペンハイマー』:被爆者イメージと向き合えな…

  • 10

    「住む国も分散」したいアメリカ人が急増中 富裕層…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中