注目のキーワード

最新記事

シリーズ日本再発見

子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカから見た『はじめてのおつかい』

It Takes a Village

2022年05月11日(水)18時55分
ヘンリー・グラバー

筆者に『はじめてのおつかい』を紹介してくれたレベッカ・クレメンツはシドニー大学の研究員で、日本の駐車に関する論文を執筆している(例えば、日本では車を購入する際に路上ではない駐車場所を確保しているという証明書が必要だ)。

クレメンツによれば、この番組は日本が子供に「都市での市民権」を与えていることを象徴している。

日本の子供は毎日たくさん歩く。特に7~12歳は、5回の移動のうち4回は徒歩だ。

これほど徒歩移動が多い主な理由は、自宅から近い学校に通っているからだ。多くの学校は「歩くスクールバス」方式を採用しており、年上の子供が年下の面倒を見ながら学校まで行進する。

カナダのモントリオール理工科大学准教授で、日本の子供の移動と土地利用について京都大学で博士論文を書いたE・オーウェン・ウェイグッドは、「これは建造環境なのか、それとも文化なのかと考えた」と振り返る。

「その根底には文化的な価値観がある。日本の親は、子供は自分で動き回れるようになるべきだと考える。そして、社会はそれをサポートするような政策を築いている。日本の都市計画は、一つの地区がそれぞれ村として機能するという考えに基づいており、住宅地に店や小さな施設がある。つまり、子供が歩いて行ける場所があるのだ」

ウェイグッドの研究によると、日本の子供は、近隣の多目的なエリアでは子供だけで移動することが多い。目的地が近いというだけではなく、そうした移動の最中に知り合いに会う可能性も高い。

近所の子を気に掛ける

日本の親は知らない人に気を付けるように子供に注意する一方で、挨拶の文化も教えると、ウェイグッドは指摘する。

『はじめてのおつかい』の第7話では、通りを渡ろうとする2歳の女の子(写真)を、近所の顔見知りの商店主が手助けする。14カ国を対象にしたある調査では、近所の大人は他人の子供を気に掛けるという考え方に最も賛成したのは日本の親だった。

こうしたシステムの恩恵を最も受けるのは、母親かもしれない。

子供に付き添いが必要な場面では、日本でもアメリカでも主に母親が面倒を見る。しかし、ウェイグッドの調査によると、10~11歳の子供が平日に親と出掛ける割合は、アメリカの65%に対し日本はわずか15%。子供を解放する街は親も解放する。

これは文化の違いでもあるが、その違いは都市計画のアプローチと深く結び付いている。難しいことではない。その気になれば、どの文化でもまねできるだろう。

©2022 The Slate Group

japan_banner500-season2.jpg

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り裂いた「ニンジャ爆弾」

  • 2

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世界的な著名精神科医が指摘するある『行動』とは

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 5

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 6

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 7

    【動画】MIRRORメンバーの頭上に大型スクリーンが落…

  • 8

    【映像】ライブ中のアイドルの頭上に、大型スクリー…

  • 9

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 10

    【動画】ノリノリでピザを投げつけるケイティ・ペリ…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホットコーヒーを浴びせる

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    冬に向けて「脱ロシア化」準備中──じわじわ効果を上…

  • 5

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 6

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 7

    【動画】ノリノリでピザを投げつけるケイティ・ペリ…

  • 8

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 9

    【映像】テレビを壊してしまった犬、何事もなかった…

  • 10

    エリザベス女王が、群がる無作法なカメラマンたちを…

  • 1

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【写真】ブラを替えさせられたウィンブルドン選手の…

  • 8

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中