注目のキーワード

最新記事

シリーズ日本再発見

子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカから見た『はじめてのおつかい』

It Takes a Village

2022年05月11日(水)18時55分
ヘンリー・グラバー
『はじめてのおつかい』

「幼い子供が街中を1人で歩ける」ことが欧米の視聴者にとって新鮮な驚きでもある(ネットフリックス『はじめてのおつかい』第7話より) 「はじめてのおつかい」Netflixにて全世界配信中

<ネットフリックスが日本の名物番組『はじめてのおつかい』を全世界配信し、話題に。日本の駐車、移動と土地利用を研究する欧米研究者らはどう見たか>

日本でおなじみのリアリティー番組『はじめてのおつかい』が、3月から始まったネットフリックスの全世界配信で話題になっている。

各エピソードは1回10~20分ほど。タイトルのとおり、幼い子供が初めて1人で(実際はカメラマンと一緒に)お使いをする。近所の店を目指し、途中でお使いの内容を忘れてしまい、泣き出して、最後は買い物袋を手にママやパパの待つ家に帰ってミッション達成だ。

1977年に出版された同名の絵本にヒントを得たこの番組は、日本のテレビで1991年から30年以上、放送されている。最近は、親もこの番組でお使いに行ったという親子二代の出演もある。

ネットフリックスのシーズン1第1話では、2歳の男の子が母親に頼まれてスーパーに食料品を買いに行く。第4話では3歳の女の子が、米オハイオ州シンシナティほどの大きさの兵庫県明石市で、5車線の道路を横断して魚市場に向かう。

言うまでもなく、この番組がアメリカで撮影されたら親は児童保護サービスの調査を受け、子供は一時的に施設や里親に預けられることになるだろう。

ただし、『はじめてのおつかい』を日本らしい教育方法だと片付けるのは安易だ。むしろ、日本の社会がアメリカより一世代早く、幼い子供が1人でお使いに行けるよう自立を促す戦略を推進してきたことを物語っている。

【関連記事】『はじめてのおつかい』がアメリカで巻き起こした大論争

集団登校のカルチャー

「日本では多くの子供が近所の学校に徒歩で通う」と、東京大学大学院の加藤浩徳教授(交通工学)は言う。もっとも、2、3歳の子供が実際に1人でお使いに行くことは基本的にない。

一方で、このコミカルでテレビ向きの設定は、日本の社会のある真実を誇張している。日本の子供は幼い頃から、驚くほど自立している点をだ。

「(日本の)道路や街路網は子供が安全に歩けるように」設計されていると、加藤は説明する。そこにはいくつかの要因が働いている。

例えば、日本のドライバーは歩行者に道を譲るように教わり、街中は制限速度が低い。住宅街は小さなブロックに区切られて交差点が多く、子供は何回も道を横断することになるが、車は(ドライバー自身を守るためでもあるが)基本的にゆっくり走行する。

道路そのものも違う。日本は大都市でも細い道路は歩道がないところも多く、歩行者と自転車と自動車が道を共有する。また、路肩駐車が少ないので、車も歩行者も互いに相手から見えやすい。

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 9

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中