最新記事

シリーズ日本再発見

日本の分煙環境整備に、たばこ税は使われているのか

2021年10月01日(金)17時30分
西田嘉孝

実際、ネットエイジア社が今年7月、喫煙者と非喫煙者それぞれ500名に「屋外喫煙所整備のためにたばこ税を活用することはよいことだと思うか」を聞いたところ、喫煙者では34.6%が「非常によいことだと思う」、43.6%が「よいことだと思う」と回答。非喫煙者でも29.4%が「非常によいことだと思う」、49.2%が「ややよいことだと思う」と答えている。

つまり、喫煙者と非喫煙者双方の8割近い人が、屋外喫煙所の整備にたばこ税を使うことに賛成しているのだ。

筆者の周囲にも、「近くの屋外喫煙所が閉鎖されて以来、店の横の脇道で路上喫煙する人が増えて迷惑している」(40代・飲食店経営)、「近所の公園でたばこを吸う人が明らかに増えている。受動喫煙を避けるためにもきちんと囲いのある喫煙スペースを作ってほしい」(30代・主婦)など、喫煙スペースの必要性を訴える人は多くいる。

外では吸える海外と、どこでも吸えない日本

日本に先駆けて喫煙規制を進めてきた欧州を見ると、イタリアでは2005年、ドイツやフランスでは2008年、スペインでは2011年から、公共の建物内や飲食店などの屋内が原則禁煙となっている。一方、これらの国のほとんどで、屋外ではいまも自由にたばこを吸うことができる。

パリ在住の日本人女性Aさんにフランスの喫煙環境について聞くと、「もともとパリはゴミをポイ捨てする人が多いのですが、たばこも同じ。屋内では自宅以外にたばこを吸える場所がないので、多くの人は外でたばこを吸ってそのままポイ捨てしているのが現状です」と教えてくれた。

「オフィス街ではビルの入口に灰皿があるので、常に数名の人がそこでたばこを吸っていたり、レストランの裏口では休憩時間にスタッフが集まってたばこを吸っていたり。非喫煙者にとっては、道を歩いているほうが受動喫煙のリスクが高いくらいかもしれません。歩きたばこをしている人も多くて、特に子供が幼い頃はとても怖い思いもしましたね」

室内はどこもかしこも吸えないものの、パブやレストランの周りはたばこの吸殻だらけ。そんな光景は筆者も何度か海外に行って目にしているし、喫煙規制が進むこの十数年でも状況に大きな変化はないようだ。

対して、路上喫煙の禁止やポイ捨ての禁止を法令化してきた日本では、路上でたばこを吸う人やポイ捨てされる吸い殻が大きく減った。

欧州をはじめとする海外とは逆に、屋外禁煙から先に進めてきたのが日本の喫煙規制の特徴だ。だがその日本で、昨年4月から屋内施設が原則禁煙になり、そして屋外喫煙所が十分に足りていない。

全国たばこ販売協同組合連合会の武田さんは、「路上喫煙やポイ捨てはヨーロッパなどでも問題になりつつあります。日本はそうした課題を先駆けて解決してその姿を世界に示し、たばこを吸われる方と吸われない方がともに心地よく共存できる『分煙先進国』を目指すべきだと思います」と話す。

そのためには、屋外分煙施設などの環境整備が不可欠となるだろう。そこにたばこ税の一部を使うことは、確かに理に適ったことと言えるのかもしれない。

japan_banner500-season2.jpg

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが、子供を対象にして大炎上

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 7

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統領、2年前の「仕返し」か

  • 4

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 5

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 9

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 10

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    狂ったプーチン、軍事侵攻の目的は「非ナチ化」から…

  • 6

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中