最新記事

シリーズ日本再発見

改正健康増進法から1年、見えてきた日本の課題

2021年04月01日(木)17時00分
高野智宏

japan20210401smokingareas-2.jpg

コロナ対策により閉鎖された屋外喫煙所(2020年5月) Fiers-iStock.

その結果、当然のように"喫煙難民"が発生する事態に。東京都庁のお膝元である西新宿でも、豊島区の池袋駅周辺でも、指定場所以外での喫煙や吸い殻のポイ捨てが問題となった。

マナーの悪さは言わずもがなだが、個々の喫煙者を批判するだけでは問題は解決しない。そもそもの問題として、喫煙所不足の側面があるからだ。

欧米でも同様に喫煙規制は進められているが、屋外へ一歩出れば、自由に喫煙できるという国が多い。そこが日本との違いだ。「(屋外では自由という欧米の喫煙環境に)手放しで賛同するわけではないが、そもそも数の少ない屋外喫煙所まで閉鎖してしまうのはどうか」と、前述の岸氏も言う。

「過剰な規制は規制対象を闇に潜らせる。2010年に実施した消費者金融への上限金利の引き下げが、結果としてより法外な金利を課すヤミ金を増殖させたことに疑いはない。ポイ捨てもそれと同じなのです」

自治体や大学で進む喫煙環境の整備

もちろん、自治体も手をこまねいているわけではない。政府・与党は各自治体に対し地方たばこ税を屋外喫煙所の整備に充てるよう促し、屋外喫煙所を設置する動きは広まりつつある。また、キャンパス周辺での喫煙やポイ捨てが問題となっていた大学でも、喫煙環境を整備する例が増えてきている。

では、喫煙所の設置は実際にポイ捨てを減らす効果があるのか。千葉市が海浜幕張駅周辺で行った実証実験では、喫煙所の設置により路上喫煙やごみの散乱が減少した(路上喫煙率は28.6%減、散乱ごみ数は34.0%減)。

「喫煙者がいかなる場所でもマナーを守って喫煙していれば、もしかしたらここまで厳しい規制は課せられなかったのかもしれません。喫煙者も権利ばかりを主張していてはダメ。権利には義務が伴います」と、岸氏は言う。

「私は分煙を推進する日本独自の受動喫煙対策には賛成です。そのためにも、たばこ税はぜひとも、飲食店における喫煙室の設置費用や屋外における喫煙所の増設に活用してもらいたい」

規制の強化によって、屋外では逆に望まない受動喫煙が増加しているのだとすれば、皮肉な結果と言える。分煙の徹底と喫煙環境の整備、そして喫煙者のさらなるマナー遵守が、喫煙者と非喫煙者の良好な共存環境を築くのではないだろうか。

japan_banner500-season2.jpg

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    中国大型ロケットの残骸、インド洋に落下か NASA「宇宙ゴミに責任ある基準を満たさず」と批判

  • 4

    東京オリンピックはやったらよい しかし聖火リレー…

  • 5

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 6

    日経平均高値は「面白くなる日本」の先取り 投資で…

  • 7

    日立製造のイギリス鉄道車両で亀裂、各社が運行休止…

  • 8

    台湾のTSMCはなぜ成功したのか?

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 7

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中