最新記事

シリーズ日本再発見

NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝罪文化」

2019年01月16日(水)17時25分
内村コースケ(フォトジャーナリスト)
NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝罪文化」

2006年、エレベーターに男子高校生が挟まれて死亡した事故が日本で起き、謝罪会見を開いたスイス系企業シンドラー社のケン・スミス社長(右)ら Kiyoshi Ota-REUTERS

<「このたびはお騒がせしてしまって、誠に申し訳ありません」――。アイドルグループNGT48のメンバー、山口真帆さんが自宅マンションでファンの男らに暴行された事件で、なぜか被害者の山口さんが謝罪に追い込まれた。「Welcome to Japan」――このいかにも日本的な不可解な「謝罪文化」に、アイドルファンのみならず、世界中の幅広い層から当惑と非難の声が上がっている>

「世間をお騒がせして申し訳ありません」という「無意味」な謝罪

「Welcome to Japan. You apologize for everything no matter who's at fault」(ようこそ日本へ。ここでは、誰の責任であろうと、あらゆることに対して謝らなければならない)。山口さんの謝罪を伝えたサブカルチャー系ニュースサイト『Kotaku』(オーストラリア版)のコメント欄には、日本の独特で異様な謝罪文化と今回の件を関連づける投稿が並んだ。

日本に暮らしていると、「世間をお騒がせして申し訳ありません」といフレーズをしょっちゅう聞かされる。いわゆる帰国子女の走りである筆者は、いまだにこの言葉の意味が素で分からない。「世間」とはいったい誰なのか? マスコミが勝手に騒いでいるのに、なぜあなたが謝るのか? 謝るべき相手は被害者ではないのか? さまざまなクエスチョン・マークが頭を渦巻く。

そもそも、「ごめんなさい」と口に出すだけで許されるのであれば、こんな楽なことはない。必要なのは、自分の行いによって生じた被害を少しでも埋め合わせるための、被害者本人に対する賠償なり、具体的な対応とその実行だ。

英大衆紙デイリー・メールも、不可解な謝罪というトーンでこのニュースを伝えている。読者コメントの一つには、「Japanese bowing in apology looks so false as to be meaningless.....(日本人の頭を下げて謝罪する行為は、とても嘘っぽく無意味に感じる...)というものがあった。私が「世間をお騒がせして申し訳ありません」という謝罪会見を見るたびに覚える違和感は、まさにこれだ。たとえ土下座をしたとしても、それはただ身を屈める姿勢を取っているだけで、問題の解決には一切関与しない。仮に自分が誰かを傷つけてしまって、それで許されるのだとしたらお安いご用だ。

加害者不起訴で被害者が謝罪。運営はダンマリ

ここで、今回の事件のこれまでの経緯をざっとおさらいしておこう。

・今年1月8日から9日にかけて、新潟のAKBグループ、NGT48の山口真帆さんが、動画配信サイトとTwitterを通じて、昨年12月8日に2人の男に自宅マンションの部屋に押し入られ、「顔をつかまれ押し倒されそうになった」と被害を告白。加害者は、グループ内のメンバーが手引きをして入れた"ファン"の男だとも示唆した。また、運営側が山口さんを守るべく対応すると言ったのを信じてしばらく待っていたが、結局何もしてくれなかったという主旨の告白もあった。加害者たちは新潟県警に逮捕されたが不起訴となっている。

・この告白の翌日、1月10日夜に行われたNGT48の公演で、山口さんがステージ上で「このたびはお騒がせしてしまって、誠に申し訳ありません」と謝罪した。

・「加害者が不起訴となり被害者が謝罪。被害者を守るべき運営側はダンマリ」という状況を受けネットが炎上。テレビのワイドショーでも運営側の対応が批判的に取り上げられた。これを受け、14日、運営会社AKSの幹部がマスコミのカメラの前で頭を下げた。

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 7

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 8

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 9

    「日本越え」韓国経済の落とし穴

  • 10

    韓国の日本大使館、建て替えが進まず空き地になった…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 4

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 5

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 6

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 7

    これが米大企業のほとんどを所有し牛耳るビッグ・ス…

  • 8

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 9

    台湾で女性のまぶたから生きたハチ4匹が摘出される

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!