コラム

カチンスキは王か英雄か商売の種か

2010年04月16日(金)11時00分

 4月10日に不慮の飛行機事故で亡くなったポーランドのレフ・カチンスキ大統領の葬儀が17日に行われる。現職の大統領が事故死、しかも歴史的な事件の追悼式典に向かう途中、さらには同乗した夫人や政財界の大物も多数死亡、と国家を揺るがす悲劇の要素は満点なのに、なんだか少し嫌な感じの論争が起こり始めた。

 葬儀の翌日、カチンスキ夫妻はポーランド南部の都市クラクフにあるバベル城に埋葬されることが計画されているが、これに国民が大反発しているらしい。バベル城が、国王や英雄などを埋葬する特別な場所だからだ(デイリー・テレグラフによれば、「イギリスの首相がウェストミンスター寺院に埋葬されるのに匹敵する」)。悲劇的な死とはいえ、人気もなかった大統領を神聖な場所に埋葬するな、とワルシャワやクラクフでは抗議のデモが繰り広げられ、SNSのフェースブックには反対派の支持者が3万人以上集まっている。

 確かに、ここ数ヶ月のカチンスキの支持率は約30%と低迷し、次の大統領選では敗戦が濃厚だった。そんなカチンスキを国王と同列に扱うことに批判の声が高まり、ポーランドは分裂の危機にあるという。

 生前は不人気だったカチンスキだが、その悲劇で一儲けしようとする動きも盛んになっている。事故から数時間後にはカチンスキTシャツやカチンスキ夫妻の写真入り時計などが作られ、好調な売れ行き。17日の葬儀にはオバマ米大統領やニコラ・サルコジ仏大統領、アンゲラ・メルケル独首相ら世界中から大物が集うが、クラクフのホテルの中には宿泊料を大幅アップして儲けを狙っているところもあるという。

 支持率が伸びず、次期選挙で静かに退陣するかに思われた大統領だが、静かに眠りにつける状況ではなくなっているみたいだ。

――編集部・高木由美子

このブログの他の記事も読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日産、今期営業益5000億円に下方修正 販売計画は

ビジネス

キヤノン、通期営業益を4650億円に引き上げ 市場

ワールド

フィリピン沖でタンカー沈没、燃料が流出 1人行方不

ビジネス

豪ANZ、市場操作の証拠なし 国債取引額の過大報告
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story