コラム

歴史的瞬間のファックな失言

2010年03月30日(火)15時00分

 ジョー・バイデン米副大統領は期待を裏切らない。3月23日、オバマ大統領悲願の医療保険改革法がまさに成立しようというときにやってくれた。ホワイトハウスでの法律の署名式で、バイデンが「大統領、これはクソでかいことですね」(This is a big fucking deal!)とオバマに耳打ちした声がマイクに入ってしまったのだ。この失言が世界中の英語メディアで笑い物になっている。

 fucking は英語圏では禁句だ。fuckやfuckingといったF言葉は非常に下品な言葉で、公式の場で使ったり子供に聞かせたりしてはいけないとされる。真面目な新聞はその言葉を伏せ字にし、テレビはピー音をかぶせる。例えばニューヨークタイムズは、this is a big ... deal と書き、「bigとdealの間にfで始まる形容詞を加えた」と回りくどく説明している(ここは日本語のサイトだから堂々と書きます)。

 歴史的瞬間での失言なだけに反響は大きい。メディアやブロガーは「バイデンがF爆弾投下!」と騒ぎ立て、ホワイトハウスのギブス報道官は「副大統領、あなたは正しい」とツイッターに書きこんだ。ある業者は早くもこの失言を刷り込んだTシャツをネットで売り始めた。

 バイデンの失言癖はあまりにも有名だ。ある上院議員は「失言しなきゃ、ジョーじゃない」と好意的に語っている。最近の例では、医療保険改革をめぐる2月の会合で、隣の人に「副大統領っていうのは楽なものだ。何もしなくてもいい」とつぶやいたのがマイクに入った。そのあと誰かに「父親じゃなくておじいさんみたいなものですね」と言われ、「うん、そのとおり!」と返事したこともバレている。
 
 あるニュースサイトがバイデン失言トップ5の1位に挙げたのは「車いす事件」。車いすのチャック・グラハム上院議員を聴衆に紹介するとき、「チャック、みんなが見えるように立ち上がって」と呼び掛けたのだ。さすがにこのときはすぐ失言に気付き、「私は何を言ってるんだ」とつぶやきながら、今度は聴衆に向かって「チャックのために立ち上がってください」と取り繕っている。

 F言葉の話に戻ると、日本育ちの私はその細かいニュアンスは分からないが、そのタブー度を体感したことはある。十数年前のアメリカ留学中、ボランティアとして近所の児童館で日本文化を教えていた。昔話を翻訳して読み聞かせていたとき、犬をののしる感じを強調しようとfucking dog!と言ってしまったのだ(確か「花咲かじいさん」のここ掘れワンワンの犬だった)。

 その瞬間、十数人いた子供たちは凍りつき、誰かが「うわー」という低い声を漏らした。先生役のアメリカ人女性は目を丸くし、すぐ子供たちに向かって「彼はアメリカに来たばかりで、使っちゃいけない言葉をよく知らなかっただけなのよ」と大真面目に説明していた。

 それ以来、私がF言葉を決して使わなくなったことは言うまでもない。その意味では、バイデンに対してささやかな優越感を覚える。

──編集部・山際博士


このブログの他の記事も読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

FRB、ディスインフレ確信も「予想より時間かかる」

ワールド

英総選挙、7月4日に実施 スナク首相が表明

ワールド

エジプト、ガザ交渉の仲介役を降りる可能性 CNN報

ワールド

米ミシガン州で鳥インフル感染者、乳牛との接触による
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結果を発表

  • 2

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 5

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 6

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 7

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 8

    魔法の薬の「実験体」にされた子供たち...今も解決し…

  • 9

    「テヘランの虐殺者」ライシ大統領の死を祝い、命を…

  • 10

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story