コラム

サルコジ惨敗で浮上した懐かしのあの人

2010年03月23日(火)11時00分

 2012年のフランス大統領選で再選を狙うニコラ・サルコジには痛すぎる結果だ。3月14、21の両日に行われた地方議会選挙で、サルコジの与党・民主運動連合(UMP)は惨敗し、大きく議席を減らした。大統領選前に行われる最後の大型選挙とあって、サルコジ政権へのダメージは必至だ。

 選挙戦では道路整備や地方の雇用などローカルな問題が争点になっていたにも関わらず、ふたを開けてみればサルコジへの信任投票に終わった、というのが大方の見方。選挙前には「あくまで地方選挙だから国政には関係なし」という態度だったサルコジも、さすがにこの結果には慌てて、閣僚の入れ替えなどで刷新を考えているという。

 そんな選挙で、久しぶりに表舞台に姿を現した「女優」がいる。07年の大統領選で社会党党首としてサルコジと決選投票を戦った、懐かしのセゴレーヌ・ロワイヤルだ。04年からポワトゥー・シャラント地方圏知事を務めているロワイヤルは、今回の選挙でこの地方を圧勝に導き、55の議席のうち7割を獲得した。

 07年当時のロワイヤルは、「聞き上手な新しいタイプの政治家」「スタイリッシュで魅力的な女性リーダー」ともてはやされ、写真付きの記事を目にしない日はなかったくらいだ(当時ですら、ちょっと持ち上げすぎなんじゃないかと思っていたけれど)。いつでもフェミニンなスーツに身を包んで笑顔を向けていたロワイヤルは、大統領選でサルコジに敗北した後はほとんどお目見えしなくなった。

 長年連れ添った同じ社会党のフランソワ・オランドとの関係に終止符を打ったとか、別れた後にオランドへの恨み節を口にしているとか、社会党分裂の元凶になっているとか、08年の社会党党首選でマルティーヌ・オブリに敗れたとか、ロワイヤルに関して聞こえてくるのはなんだか負け組な話題ばかりだった。09年にボーイフレンドとのラブラブ写真がパリ・マッチ誌にすっぱ抜かれて久々に華やかな注目を浴びるのかと思いきや、プライバシーを侵害されたと同誌を訴える始末だ。

 英デイリー・テレグラフ紙の選挙前の報道によれば、ロワイヤルは地方選の圧勝を足がかりにして12年の大統領選での復活を狙っている可能性があるという。14日の第1回投票後、選挙結果はサルコジへの「重い懲罰票だ」と高揚して発言するロワイヤルの発言がメディアをにぎわせている。

 すっかり昔の人になっていたロワイヤルが、オブリ党首やIMF専務理事のドミニク・ストロスカーンなど社会党の大物ライバルを破って再び大統領選に望むのか? かつて彼女をヒロイン扱いしていたメディアは、今度はロワイヤルをどう報じるのだろう。

――編集部・高木由美子

このブログの他の記事も読む


プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 8
    アップルが中国から手を引く理由...iPhone製造の中心…
  • 9
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
  • 10
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 4
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 5
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 6
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 5
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 6
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 7
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 8
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 9
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story