コラム

北朝鮮の麻薬・ニセ札疑惑は「シロ」か

2010年03月03日(水)20時00分

偽造紙幣の製造や武器・麻薬の密売などの違法な手段で外貨獲得にいそしんでいるダークな国家──北朝鮮について、こんなイメージをもっている人は多いだろう。3月1日に公表された米国務省の2010年版「国際麻薬統制戦略報告」の中でも、北朝鮮の麻薬・ニセたばこ取引や偽造紙幣とのかかわりが取り上げられている。

ただし、この報告書は北朝鮮当局が国家ぐるみで違法行為に手を染めているとは断定していない。「北朝鮮の領土を介して偽造たばこの密輸やニセ札の流通などの違法活動が行われ続けている」と指摘するに留めている。微妙な表現には二つの理由がある。一つは、報告書が指摘しているように、北朝鮮当局の関与が立証できないことにある。

もう一つの理由は、こうした違法行為が実は外国人によって行われている可能性があるからだ。北朝鮮問題に詳しい元米外交官によると、北朝鮮産のアヘンが密売されているのは事実だが、実際に密売しているのはハバロフスクやウラジオストクから訪れるロシア人で、北朝鮮の人間はかかわっていないという(北朝鮮国内でアヘンは製造されているが、主に医療目的に使用されているらしい)。

「スーパーノート」と呼ばれる米ドルの偽造紙幣も同じだ。かつては北朝鮮当局がニセ札を製造したと指摘されてきたが、近年では関与が確認されていない。先の元外交官によると、最近のスーパーノートは中国の元人民解放軍幹部らが北京で製造し、マカオのカジノや中朝間の国境貿易などを経由して北朝鮮国内に入り、流通しているものが多いという。

偽造たばこについても、報告書は「(北朝鮮北東部の)羅津経済貿易地帯で大規模な密売取引が行われ続けている」としているが、「北朝鮮当局が(偽造たばこの密売に)どれだけ加担しているかは不明だが、報告の多さからして密売を認識している可能性は高い」と述べるに留めている(ちなみに、この元外交官によると北朝鮮の偽造たばこは「禁煙したくなるほどまずい」らしい)。

もちろん、これで北朝鮮が完全に「シロ」というわけではない。日本の政権与党の某幹事長の政治資金疑惑のように......。

──編集部・横田 孝

このブログの他の記事も読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

原油先物が軟調、中国需要の減退懸念やガザ停戦協議巡

ビジネス

再送-中国人民銀、予想外のMLF資金供給 金利引き

ビジネス

米産金ニューモント、第2四半期は利益が予想上回る 

ワールド

米大統領選でハリス氏の勝機は十分=独首相
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 9
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 10
    バイデン撤退で始動した「ハリス大統領」へのカウン…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story