コラム

消費税ポイント還元の公式アプリが「使えない」理由

2019年10月16日(水)21時14分

さらに、ポイント還元があるお店を地図上にただ表示するだけで検索機能がないため、たとえば「これから食事に行くけど、この辺でポイント還元がある店はないか」と思ってもこのアプリでは探すことは困難である。

私の家の近所について調べてみたところ、地図上の場所が大きくずれているようなことはなかったが、同じ店を示すピンが何本も立っているケースが多かった。下の写真はCoCo壱番屋荻窪駅南口店を表示しているが、同じ荻窪駅南口店を示すピンが3本も刺さっているのがお分かりいただけるだろうか。同じ店を示すピンが2、3本刺さっている例はざらにある。

photoc.PNG

それぞれのピンをタッチして何が書いてあるのかを見てみると、店舗名が微妙に違ったり(「CoCo壱番屋」と「カレーハウスcoco壱番屋」)、利用できるキャッシュレス手段が微妙に違っていたりする。

駆け込み申請に対応できず

このキャッシュレス支払いに対するポイント還元制度は、中小企業からの申請によって実施されるもので、今年9月の申し込み期限の直前に駆け込みで申請が殺到した。消費税引き上げと還元制度が始まる10月1日まで日数が切迫しているなかであわててお店の情報を入力したため、本来は同一の店なのに微妙に異なる複数の名称で登録されていたり、キャッシュレス支払いの手段が増えるたびに入力し直した結果、あたかも複数の店であるかのように登録されてしまったのだろうと想像する。

それをそのまま地図ソフトの上に表示した結果、同一の店なのにまるで3つの店であるかのように3つピンが立ってしまった。しかし、本来一番伝えなければならない「どのキャッシュレス決済の手段が利用可能か」という情報について複数のピンの間で相矛盾する情報が掲載されているのでは、このアプリは使い物にはならないといわざるを得ない。

こんなことが起きるのは、データ入力は一生懸命にやったが、データ整理の作業を怠っていたことを示している。私もアンケート調査のデータなどを分析することがあるが、集計や分析の前に、まず入力ミスがないかどうか「データのクリーニング」という作業を必ずやっておく必要がある。これはデータの数が多くなるとものすごく大変な作業である。今回のポイント還元制度に参加するお店の数は10月11日時点で52万店ということだから、そのデータをクリーニングする作業はさぞかし手間であろう。クリーニングをする時間もないまま還元制度が始まる日が迫ってしまい、不備を抱えたままアプリの公開に踏み切ったのであろう。

プロフィール

丸川知雄

1964年生まれ。1987年東京大学経済学部経済学科卒業。2001年までアジア経済研究所で研究員。この間、1991~93年には中国社会学院工業経済研究所客員研究員として中国に駐在。2001年東京大学社会科学研究所助教授、2007年から教授。『現代中国経済』『チャイニーズ・ドリーム: 大衆資本主義が世界を変える』『現代中国の産業』など著書多数

ニュース速報

ビジネス

ECB、喫緊の緩和不要 インフレ年内低迷=デギンド

ビジネス

米失業保険申請83.7万件に減少、高止まりで追加支

ビジネス

東証が全銘柄の取引を終日停止、社長「責任痛感」 2

ワールド

フィリピン中銀、政策金利据え置き 110億ドルの財

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べるヘビ

  • 3

    かなりレア、暗闇で息を呑むほど圧倒的な視認性を誇る角形ダイバーズウォッチ

  • 4

    「驕る習近平は久しからず」中国コワモテ外交の末路

  • 5

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 6

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 7

    米国と台湾が共同インフラ計画で連携 中国の一帯一…

  • 8

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 9

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 10

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べる…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!