Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2009.9. 9号(9/ 2発売)

ニュースがわかる 世界の新常識

2009年9月 9日号(9/ 2発売)

Cover Story

グローバル化と技術のさらなる進化で常識は非常識になり、非常識が常識になる。いま知っておくべき新たな常識とは

1 地球外生命体は存在する

2 デジタル全盛でも本は死んでいない

3 輸入ワインは地球に優しい

4 ユダヤ人入植者は減らすことができる

5 これからは電車より車がエコになる

6 選挙は民主化の万能薬ではない

7 ヘッジファンドは優良投資家だ

8 離婚率世界一のアメリカ人は結婚しすぎ

9 インフル再流行で医者たちが危ない

10 年を取るほど発明がひらめく

11 隣の人種摩擦は大きく見える

12 並列処理がテクノワールドを変える

13 米中「チャイメリカ」は離婚寸前

14 地球温暖化防止はとっくに手遅れだ

15 無料の時代が有料化を生んだ

16 アメリカの医療は最高じゃない

17 「大家族回帰」の時代が来る

18 人気作ノミネートでオスカーが大衆化

19 オバマを取り巻く超党派主義は幻想だ

20 お尻は拭かずに洗うほうがエコ

21 アメリカの環境は驚異的に改善した

22 移民は職を奪うどころか雇用を生む

23 オバマは核廃絶に本気じゃなくて

24 ……バンビを毛嫌いしている

25 アメリカ国民のヒンドゥー化が進む

 国際ニュースの最新トリビア

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

さらば、最後のケネディ

追悼 偉大な兄たちの影の中で、上院議員として確かな足跡を残したエドワード・ケネディの生涯
ファミリー 愛のリベラル、その原点

自民党に捧ぐ長期政権の終わり方

政党 長年の一党支配から転落した後の身の処し方を世界のお仲間から学ぶ

欧州を惑わすオバマの優柔不断

米欧関係 明確な政策と強い指導力を示さなければ長年の蜜月も御破算に
ドイツ メルケル人気を支えるジミ革命
    

地球を覆い尽くす宇宙ゴミの雲

科学 使用済みロケットや人工衛星の破片が軌道上の衝突事故を引き起こす
  

本当のシャネルを知りたくて

映画 『ココ・アヴァン・シャネル』が描けなかったタフで複雑な改革者の横顔
  
Society & The Arts
家族 産休後進国アメリカの愚
医学 ES細胞医療が挑む「不可能」
テレビ キリスト教徒は宗教ドラマがお嫌い
書評 パット・コンロイ最新作の甘ったるさ
グラフィック小説 退屈すぎる実話コミック
World Affairs

爆破テロ パンナム機爆破の真犯人

東アジア 北朝鮮政策もチェンジせよ

南アフリカ 国父マンデラという呪縛

温暖化 中国とインドが払うツケ

米経済 金融救済プログラムの損得勘定

マーケット 投資家たちよ、弱気になるな

MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 10

    ロシア軍の拠点に、ウクライナ軍FPVドローンが突入..…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中