Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2009.8. 5号(7/29発売)

オバマに学ぶ英語術

2009年8月 5日号(7/29発売)

Cover Story

英語で働くビジネスパーソン必見! オバマのように心に響く知的な英語を話すテクニックを徹底分析

「プロフェッショナル度」をアップさせる魔法の英単語

プレゼンを進化させるお助けサービス

徹底分析就任後注目演説・オバマ式8つの修辞術

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

ブランドなき巨大企業、華為の限界

中国企業 世界市場を席巻する「華為技術」がトヨタやアップルになれない理由
    

瀬戸際の将軍様と謎のプリンス

北朝鮮 総書記の後継者として最有力視される正雲ら3人の息子の知られざる素顔

ドイツとロシアの恋の行方

ヨーロッパ 新たに生まれた意外な「大物カップル」の微妙なパワーバランス
    

彼女が遺したチェチェンの真実

独白 殺害された女性人権活動家の肉声テープを本誌ロシア版が入手
  

バンパイアに抱かれたい!

トレンド 吸血鬼が大人気なのは女性の「好きにされたい」願望の表れ?
  
Society & The Arts
エコノミー 金持ちの没落が経済の活力を奪う
アポロ計画 月面着陸はでっち上げ?!
テクノロジー SNSが結ぶ難民の絆
中南米 強権の渦から流れ出る頭脳
旅行 中東紛争の地を貫く平和ハイク
書評 旧ソ連の諜報活動を暴く『スパイ』
音楽 CD信仰がクラシックを殺す
コメディー おバカ映画の暗闇に迫る
社会現象 人道活動の合言葉は「ハリポタ」
World Affairs

米外交 パキスタンを叱りつける男

アフガニスタン 選挙で学校が破壊される

イラク 駐留米軍を待つ悪夢の撤退戦

パレスチナ ファタハを襲う空中分解の危機

米政治 オバマ医療「改革」の幻想

経済 日本株が魅力的な理由

MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中