Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2009.8.12号(8/ 5発売)

いま、読むべき本

2009年8月12日号(8/ 5発売)

Cover Story

現代社会を理解するための50冊から、気鋭の作家の座談会、「あの人が選ぶマイベスト」まで

読書 「いま読むべき本。その理由。

座談会 それでも私たちは本を書き続ける

リスト あの人が選ぶ究極のベストブック

再読 傑作を再訪するひそかな楽しみ

小説 推理作家が遺した傑作とブームと論争

プロフィール 桂冠詩人が抱く静かなる情熱

装丁 桂本の真価は表紙で分かる

抜粋 コリヤー兄弟が残したもの

ベストセラー ビジネスと人生の成功を探して

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

出口の見えない第2の英国病

イギリス 影響力を失いつつある没落国家は「小さな役割」を受け入れるのか
    

MSヤフー提携はほとんど無意味

ネット ヤフーはマイクロソフトに利用された敗者、真の勝負は「MS対グーグル」だ

ベルルスコーニ、火遊びのツケ

イタリア さまざまな疑惑をかわしてきた「テフロン首相」がセックススキャンダルで窮地に
    
指導者 アメリカの恥ずかしい交遊録
    

中国の女性はもう我慢しない

中国社会 根深い性差別に女性たちが沈黙を破って立ち上がろうとしている
  

オプラ流、美と健康の怪しい秘訣

テレビ カリスマ司会者が称賛する医療や美容情報はエセ科学だらけ
  
Society & The Arts
食品 パリのミツバチは国際派
映画 リメーク西部劇はクロウの魅力が満開
音楽 キング復活が導くR&B新時代
World Affairs

ヨーロッパ 危機がEUを強くする

中米 ホンジュラス正常化への道

温暖化対策 インドは意外にグリーン

世界経済 アメリカ人よ、消費しよう

米景気 オバマ効果はハワイを救えるか

MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中