Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2011.10.19号(10/12発売)

完全保存版 ジョブズ 天才の軌跡

2011年10月19日号(10/12発売)

Cover Story

世界の「明日」を何度も変えた
スティーブ・ジョブズの全功績

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

American Genius

新しい未来を創った革新者の軌跡
■デジタル時代の天才予言者
■スティーブが愛した、たった一人の女性
■「現在」を生んだ創造主

The Dream Factory

世界を変えた夢の工場はいかに生まれたか
■夢の始まりはガレージから
■IT業界の第2のジョブズは?
■もっとシンプルに、もっと使いやすく
■アップルの原点となった40年前の私の記事
■世界を変えたジョブズ・マジック
■貧困の中で死んだ無名のジョブズたちへ
■iPadを生んだ発明の系譜

The Icon

時代を魅了し続けたスティーブの美学
■デザインを変えたアップルの哲学
■オタクをオシャレにした男
■窮地のピクサーを救ったジョブズの悪魔的経営
■「ハングリーであれ、愚かであれ」
NewsBeast
InternationaList
Nobel Prize 平和賞、女性3人それぞれの戦い
Somalia 大飢饉のソマリアを自爆テロが襲う
Pakistan 米パに挟まれた大使の憂鬱
Liberia リベリアはノーベル平和賞に賛否両論
Spain 「新生児売買」スペインの暗黒時代
Europe 世界経済を脅かす欧州金融界の劣等生
The United States ウォール街デモは米国を変えるか
South Africa 
    レズビアンを襲う「矯正レイプ」の悲劇
Asia
Afghanistan アフガニスタン復興にイランの影
Hong Kong 香港当局が金正日の孫?を拒絶した訳
Thailand タイ首相のツイッターを乗っ取り政権批判
US Affairs
女性たちよ、ペイリンに感謝しよう
Business
新型iPhoneで分かる新CEOの経営手腕
CULTURE
Food 毛沢東レストランが北京でブーム
Movies 久々の快作『キャプテン・アメリカ』
Want アートで装うおしゃれ最前線

Departments
Perspectives
First Report
My Favorite Mistake
Letters
Tokyo Eye
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…
  • 9
    世界で最も美しいAIが決定...初代「ミスAI」はモロッ…
  • 10
    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中