Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2023.2.28号(2/21発売)

特集:ウクライナ戦争1年 ロシアの戦意

2023年2月28日号(2/21発売)

Cover Story

「想定外」の苦戦続きでも戦争を諦めない、ロシアという国の不可解さと不気味さ

開戦1年 それでもロシアは戦争をやめない
視点 大祖国戦争を戦い続ける意志
タイムライン キーウ攻撃から始まった1年の記録
分析 この悲しい戦争が教えてくれる5つの教訓
ルポ ミサイル飛び交う空の下で
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

「植田新総裁」が望ましい訳

日銀 世界最高の経済学を学んだ人物はアベノミクスをどうする?
【Periscope】
SCOTLAND スコットランド首相辞任が示す人気者の限界
CHINA にわかに注目される中国の「気球博士」
UNITED STATES ペイリンがトランプの副大統領候補に?
INDIA インドが見つけたリチウムという宝の山
【Commentary】
日本 少子化はこの世の終わりなのか? ── 河東哲夫
軍事 気球騒動を炎上させた米中の愚 ── グレン・カール
共産党 中国の「認知戦」から台湾を救うには ── 練乙錚
風刺画で読み解く「超大国」の現実 「何でも公有」中国を警戒せよ ── ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 日銀「植田総裁」への期待と不安 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える ママ友が子供たちの問題に介入しすぎ
ニューヨークの音が聴こえる 「大人ピアノ」の世界にようこそ ── 大江千里
【World Affairs】
災害 トルコの大惨事は大統領の人災だ
中国外交 誰がアメリカに気球を飛ばしたのか
【Life/Style】
Movies 巨匠スピルバーグはこうして生まれた
Movies 命の値段を査定した弁護士の苦悩『ワース』
Books 現実世界に忍び寄る「指輪」の魔力
Celebrity アントマン最新作は「家庭的大混乱」
My Turn 地下経済で生きる人々の現実を見よ
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power スモッグに霞む冬のニューデリー
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 「優しい空港」に戻る日を願って ─ カン・ハンナ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が語る「敗北のシナリオ」

  • 4

    F16はなぜウクライナに届かない?──NATO事務総長が答…

  • 5

    アウディーイウカ制圧後、ロシア軍の攻撃は激減、戦…

  • 6

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 7

    トランプもバイデンも、日本製鉄のUSスチール買収に…

  • 8

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 9

    中国、景気停滞の次は余剰在庫のダンビング輸出? …

  • 10

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中