Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2022.9.13号(9/ 6発売)

特集:統一教会 虚像と実像

2022年9月13日号(9/ 6発売)

Cover Story

容疑者の弾丸が撃ち抜いた政治と宗教のなれ合い ── たたかれ続ける「異形の教団」の真の姿を探る

ルポ 統一教会を「絶対悪」と見るべきか
歴史 こうして政界とつながった
視点 政治の弛緩が招いた惨劇
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

敗軍の将、ゴルバチョフの遺産

追悼 冷戦終結に貢献しながら最後は「裏切り者」になった男の生涯
【Periscope】
UKRAINE 戦時下ウクライナのエイズ患者を救え
BRAZIL ブラジル大統領が電子投票を批判する訳
UNITED STATES 中間選挙前のペイリン敗北が意味するもの
GO FIGURE 世界から忘れられたベネズエラ難民
【Commentary】
韓国 尹政権、就任100日の(悪夢の)成績表 ── 木村幹
分析 中国の「ハウステンボス」スパイ大作戦 ── 練乙錚
米政治 中間選挙で民主党健闘? ── サム・ポトリッキオ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 「最高扇動責任者」トランプの罪 ── ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 日本の高度成長は「偶然の産物」── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 17歳の私の服を着たがる母に困惑
本好きに捧げるホメない書評 「それなり」菅政権が残した功績 ── 石戸諭
森達也の私的邦画論 ホラー映画『来る』に見る人間の内なる闇と光 ── 森達也
【World Affairs】
中東 イラクを見捨てたバイデン
中国 共産党大会で確定する習近平の絶対権力
南アジア 謎の中国船が中印関係に波風を立てる
【Features】
人権 アフガニスタン女性は再び暗黒の時代へ
【Life/Style】
Drama 遅咲きのスター、イ・ジョンジェが向かう道
Beauty そのボトックス、本当に必要ですか
Movies 「いろんなキャラになれるのが俳優の魅力」
My Turn 40歳でADHDと診断されて
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 世界一危険な火山地帯に広がる大都市
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 話題の「イランの石油王」にご用心 ─ 石野シャハラン
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で犯した5つの失策

  • 3

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の差別扇動

  • 4

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 5

    「世界一の親イスラエル国」なのに、イスラエルがウ…

  • 6

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシ…

  • 7

    中露蜜月と言うけれど、中国は金欠ロシアへの融資を…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    侵攻2年の記念にふさわしい勇気、一人で10人のロシア…

  • 10

    イギリスは北アイルランドに特に未練なし......日本…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中