Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2010.6.30号(6/23発売)

英語じゃなくて Glob・ish

2010年6月30日号(6/23発売)

Cover Story

ややこしい構文や単語はもう要らない? グローバル化に伴って、語彙が少なく表現もシンプルな英語が世界に広まっている

言語 誰でも話せる新・世界共通語

波紋 そのイングリッシュ、お断り

アメリカ 翻訳なき文化は世界で孤立する

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

「よそ者」BPを襲う偏見の波

原油流出 世界市民のつもりでも危機が起きれば外国企業は四面楚歌。BPに学ぶ教訓とは

親玉ロシアの意外な沈黙

キルギス 民族衝突に介入しないのは、アメリカとの共存関係を維持したいから
Q&A オトゥンバエワ暫定大統領「今後もロシアが頼りだ」

ワールドカップの逆経済効果

サッカー 出場国の労働者の半数が仕事を休んで応援すると、100億ドルの損失
W杯 メキシコの願いは「打倒、国境の北!」

民主主義の墓場、アフリカ

途上国 エチオピアからルワンダまで、民主化に背を向けて新たな独裁の時代へ

バブルはじけて「脱・個性派」の波

建築 大物建築家を起用した派手なデザインより、控えめな美を極める新潮流
Society & The Arts
消費 オンナの財布が経済を救う
中国 SARS、忘れられた苦痛
米社会 外見差別に法の裁きを!?
教育 チャータースクールの意外な真実
インタビュー 「ベイルートで知った羞恥と後悔」
監督 色あせないゴダールの刺激
書評 イスラエルと南ア、のけ者同士の密約
メディア 死ぬほど見たい遺体写真の魔力
映画 イタリアの恋に癒やされたい
ホラー リメーク版『エルム街の悪夢』の恐しさ
話題作 『ザ・ウォーカー』が問う活字の価値
テレビ イカレた吸血鬼『トゥルーブラッド』
World Affairs

北アイルランド  「血の日曜日」の亡霊が蘇る

インドネシア イスラム国のタレント候補

米安全保障 オバマの強気が国産テロを増やす

MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 5

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 6

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 7

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 8

    ジョージアはロシアに飲み込まれるのか

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    長距離ドローンがロシア奥深くに「退避」していたSU-…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中