Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2018.10. 2号(9/26発売)

特集:エアライン大革命

2018年10月 2日号(9/26発売)

Cover Story

超長距離のノンストップ飛行から夢の「空飛ぶタクシー」までテクノロジーの進化で急速に変わる空の旅の最新事情

エアライン ついにやって来たノンストップ新時代
■チャート 超長距離フライトでひとっ飛び!
都市交通 空飛ぶタクシーはもう夢じゃない
トレンド エアライン仰天の最新事件簿
超音速機 米西海岸〜東京間がわずか5時間半に?/TSA 3D装置で検査場の行列が消える/飲酒 ひどい酔っ払いは生涯搭乗禁止、高額賠償リスクも/UBER ウーバー発「空のタクシー」が東京を飛ぶ日/性犯罪 空の上での性暴力が増加中/ペット 動物は乗客? 機内と機外で激論が
日本 外国人を魅了する最高のエアライン
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

本土に伝わらない沖縄の本音

日本 保守系ネット番組しか見ない若者と「基地タブー」── 報じられない心のひだ
【PERISCOPE】
InternationaList
BRITAIN 孤立のメイを最悪のブレグジットが待つ
NORTH KOREA 平壌共同宣言は二番煎じだ
GREECE 「定員オーバー」の難民島で続く悲鳴
COLOMBIA コロンビアのコカイン生産が止まらない
MYANMAR ロヒンギャ問題とフェイスブックの罪
INDONESIA イスラム教にすり寄るジョコの打算
UZBEKISTAN アラル海で見たロシアの爪痕
HONG KONG 超大型台風で香港が「泣き面に蜂の巣」
Asia
SOUTH KOREA 台頭する韓国保守系ユーチューバー
THAILAND 洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった
Business
アマゾンゴーが全米3000店を目指す
仮想通貨を待つ訴訟の泥沼
【FEATURES & ANALYSIS】
米司法 最高裁判事任命がもめる訳
主張 テロ組織との交渉のすすめ
事件 最凶のキャットキラーを追え!
テクノロジー 災害時の人命救助にゴキブリが?
【LIFE/STYLE】
Movies アジア系がこじ開けたハリウッドの扉
Health 額の深いしわが示す体内の危険な変化
Health 目尻のしわと戦うメープルの恵み
Health シニア世代がマリフアナにハマる
Transportation マナーの悪い乗客はお断り!
Celebrities お騒がせ女優が敏腕実業家に
Television 『ジャック・ライアン』脚本家が語る秘話
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 抵抗勢力は悪か、ヒーローか(パックン)
Picture Power 新たな「貧富」の壁が南アフリカを分断する
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中