Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2017.2.28号(2/21発売)

特集:北朝鮮 暗殺の地政学

2017年2月28日号(2/21発売)

Cover Story

異国の地マレーシアで殺害された金正男──。その死の背景には北朝鮮をめぐる地政学の変化があった

北朝鮮 異国の地で暗殺された「没落貴族」金正男
中朝関係 独裁者を放置した中国の罪
核問題 米朝対決の勝利なきシナリオ
ミサイル 着実に進化する金正恩の核攻撃力
■チャート 北朝鮮のミサイルは射程を伸ばし続ける
マレーシア 対北コネクション、その功罪と今後
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 迷走人事とホワイトハウスの権力者
CHINA 中国で成立した「トランプ」商標登録
NETHERLANDS 支持率トップでも極右政権はなし?
SOUTH KOREA タイムリミットに焦る韓国特別検察官
FRANCE 黒人暴行の仏警察に移民の怒りが爆発
BY THE NUMBERS 中国の軍事費は既に日韓の2倍
NATO 混乱を残したマティスの「最終通告」
ISRAEL 発言撤回だらけの大使候補
UNITED STATES LGBT擁護派を留任させたトランプの謎
PALESTINE それでも2国家共存しかあり得ない
CANADA アメリカを捨てカナダへ逃れる難民たち
Business
雇用創出を約束した孫の最初の「買い物」は?
Offbeat
ロシアも「偽ニュース」を非難
難民と住民を分断するミュンヘンの壁
People
アデルの受賞が呼んだ波紋
【FEATURES & ANALYSIS】
米政権 ロシアにつまずいたチーム・トランプ
米ロ関係 プーチン政権に漂うトランプ疲れ
ヨーロッパ EUエネルギーは結局ロシア頼み?
社会 「愛国」離れする中国のネット世代
米政治 トランプに立ち向かう夢のカリフォルニア
スペイン バルセロナの露天商が立ち上がる
スポーツ 小柄バスケ選手の時代が来た!
技術 どんな車にもなる魔法のマシン
【LIFE/STYLE】
Television トランプ時代に『24』が帰ってきた
Movies 王道バディムービー『ナイスガイズ!』
Health スパイシーな料理で死亡リスクも低下
Health 銃を撃った人の脳で起こっていること
Travel モルディブで贅沢な「無人島」体験
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire  アパ抗議デモという「祭り」
Picture Power ヤジディの悲劇はなぜ起きたのか
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 8
    アップルが中国から手を引く理由...iPhone製造の中心…
  • 9
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
  • 10
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 4
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 5
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 6
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 5
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 6
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 7
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 8
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 9
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中